ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > 先輩ユーザーの声 > 夢はDWEの先生!おおきくなってもイベントでたくさん歌って踊りたい

ディズニー英語システム先輩ユーザーの声

ディズニー英語システム(DWE)卒業生の西田 有寿(ゆず)ちゃんに卒業式を迎えた今の気持ちや、将来どんなことがしたいかタリア先生がインタビューしました。
有寿ちゃんの大好きな先生はタリア先生とのこと。将来はDWEの先生になりたいそうです!
インタビューの動画をどうぞご覧ください。

これからDWEの卒業式が始まりますが、どんな気持ちですが?

卒業式に参加できてうれしいです。でもとても緊張しています。

DWEの教材の中で、何が1番好きでしたか?

DWEのすべてが好きでしたが、歌が1番好きでした。
特に"Magic is Easy"の歌がお気に入りです。
魔法が好きで、ミッキーが大好きな私にとって最高の取り合わせでした。

参加した英語イベントについて教えてください。

「ファミリー・カレッジ」「パペット・ショー」「ファン・ウィズ・ザップ」「ゴー!ゴー!キッズ」などの様々な週末イベントや、宿泊するイベントの「キャンプ」にも参加しました。

「キャップ・キッズ」のイベントが好きで、何度かスピーチしたこともあります。
スピーチでは家族の思い出についてや、猫のぬいぐるみを本物の猫に変身させたいという願い事について話しました。
また小学1年生のときに「サマー・キャンプ」に初参加して、タリア先生と出会ったことも思い出です。


西田さん01

大好きなゴー!ゴー!キッズのイベントを楽しむ有寿ちゃん

将来はどんなことがしたいですか?

大きくなったらDWEの先生になって、たくさん歌って踊りたいです。
私がDWEの先生で1番好きなのはタリア先生です!
イベントで会うたび「また会えましたね。あなたのことを覚えているわ。」と言ってもらえて、とてもうれしかったです。

他には世界中を旅してみたいです。
オーストラリア、アメリカ、カナダ、他にもいろんなところへ行きたいです。
ひとつだけ願いが叶うなら、大好きなタリア先生の出身国であるオーストラリアのゴールドコーストへ行ってみたいです。

将来DWEの卒業を目指しているみんなにメッセージをお願いします!
赤ちゃんのころからDWEをしていなかったとしても、心配はいりません。
私は5歳でDWEを始めましたが、お父さん、お母さん、先生方、お友達が助けてくれたおかげで卒業にたどり着くことができました。


yuzu_re.jpg

左からお母さま、タリア先生、有寿ちゃん、お父さま

お父さまとお母さまにも、どのように有寿ちゃんがDWEとともに成長してきたのかお伺いしました!

「急がば回れ」の思いで基礎を築いてきました

娘が5歳のときにDWEを購入しました。遅めのスタートでしたので、不安や焦りはありました。
しかし「急がば回れ」と思い、段階ごとにすべての教材をクリアしてからCAP(※お子さんが徐々にステップアップできるように、卒業までの過程をバックアップするシステム)の応募をしてきました。
ブルーやグリーンのころはトークアロング・カードやステップ・バイ・ステップが思うように進まないこともありました。
しかしそこで基礎が築けたのか、ライムやイエローに進んだときにそれほど苦労しないようになっていました。
1年ごとに1CAP合格を目標にがんばり、8歳でイエローに合格してからは毎年英検®を受験するようにしています。
10歳で英検準2級を受験したのですが、リスニングとライティングはパーフェクトで合格することができました。
県内の合格者の上位1%以内に入るという好成績を収め、着実にレベルアップしています。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

支えはネイティブの先生とお友達

そんな娘の成長を支えてくれたのは、DWEの先生方とDWEを通して知り合ったお友達でした。
実はブルーCAPを取得した後、娘は合格したことに満足して学習をストップしてしまいました。
そのころ初めて参加したサマー・キャンプがDWEを再開するターニングポイントになりました。


yuzu01.jpg

初めて参加したサマー・キャンプでの有寿ちゃんとタリア先生

キャンプで出会った先生方は変わらずに、ずっと大好きで特別な存在です。
そしてそのキャンプをきっかけに知り合ったお友達は、今でも家族ぐるみのお付き合いをしている大切な大切な存在になりました。

また、イエローCAPを合格したころにインスタグラムを通して仲よくなったお友達とは、スカイプで英語で楽しくお話をするなど、お互いによい刺激や影響を受けて成長しています。


yuzu03.jpg

DWEのお友達とSkypeを使って英語でおしゃべり

自分にしか進めない道を歩んでいってほしいと願っています

これから娘がどんな道を歩んでいくのかわかりませんが、DWEを通して知り合ったお友達や経験したことは娘にとってかけがえのない宝物であり、大きな支えになると思います。
まわりの皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、しっかり前を向いて娘にしか進めない道を歩んでいってほしいと願っています。

最新の「先輩ユーザーの声」