ディズニー英語システム TOP > みんなの声 > ユーザーからのお手紙 > 英語に対して苦手意識をもつ私も子供といっしょに遊んでいるうちに英語が好きになりました!

全国のユーザーさまから、うれしいお手紙がたくさん届いています!

英語に対して苦手意識をもつ私も子供といっしょに遊んでいるうちに英語が好きになりました!

ディズニー英語システムを使いはじめてから約2年。最近は英語の単語や歌の一部が突然口をついてでてくるようになりました。
パパと遊んでいるときに、「Open. Please!って言って!!」と指示をだしたり、汽車のおもちゃを走らせながら"Clickety clack, clickety clack! Toot! Toot! Toot!"と呟いていたりするのを面白く感じています。

使って劣化した教材は会員サービスの保証制度を利用して交換できるので良かった

教材の中では、工作やお絵かきなどで遊びながら英語を学ぶ『レッツ・プレイ』に入っている『サーカストレイン』が大のお気に入りです。
絵本やカードにタッチすると英語や歌が飛びだす『ミッキー・マジックペン』でグリグリ押したり、しゃぶったり、折ったりしてしまうので、ボロボロになってきましたが、会員サービスの保証制度で交換していただけるので良かったです。もう少し劣化したらこの制度もぜひ利用したいです。

使って劣化した教材は会員サービスの保証制度を利用して交換できるので良かった

英語に対して苦手意識をもつ私も子供といっしょに歌ったり遊んでいるうちに、英語が好きに!

ネイティブの先生による動画配信サービス『e-Pocket』を見てマイク先生とマーク先生が大好きだったのですが、週末イベントや、ネイティブの先生といっしょに歌や踊りを楽しむ会員向け無料オンライン・イベント『GO! GO! LIVE!』などを経験してからは、そこでお話しした先生方も大好きになり、先生方が登場する映像なども喜んで見るようになりました。これをきっかけに、お会いしていない先生にも興味をもち見ています。

『GO! GO! LIVE!』は同じくらいの年齢の子たちが英語でコミュニケーションしているのを見ると、やる気がでるようです。先生方がオリジナルキャラクターといっしょに登場するとさらに喜んでいて、私もうれしいです。

私自身も英語に対して苦手意識がありましたが、大好きなディズニーキャラクターのでてくる教材と毎日ふれ合って、子供といっしょに歌ったり遊んだりしているうちに、英語を好きになってきました。

進級を意識しつつ、マイペースで楽しみたい

最近になって、学習をサポートしてくれる進級プログラム『CAP』へのチャレンジをはじめました。週末イベントに参加して同じくらいの年齢のお子さんがすでに、進級するともらえるCAPの帽子をかぶっているのを見ると焦る気持ちもありますが、マイペースで楽しもうと思っています。

進級を意識しつつ、マイペースで楽しみたい

最新のユーザーさまからのお手紙