子どもたちをわくわくさせるネイティブの先生がいっぱい!

むねつぐくん、Luna先生へのお手紙ありがとう!

Luna先生からむねつぐくんへ、感謝の気持ちをビデオでお届けします。

聞いてみました!~Luna先生との思い出Q&A~

Q. Luna先生と初めて会った時のエピソードをお聞かせ下さい。

このお手紙を渡した日が初対面でした。
Luna先生は元気いっぱいで、笑顔が素敵で私も息子もすぐに大好きになりました。
イベント中もシャイな息子に話しかけたり、踊るように促してくれ、息子も徐々にノリノリに♫
「We like to Bounce!」でも「Bounce! Bounce!」と言いながら楽しそうに踊っていました。

Luna先生からむねつぐくんへのビデオレター1

Q. どうしてLuna先生の事が好きになったのですか?

この時は夏だったので、先生方にも印象に残るかな?という思いで0歳の弟と共に甚平を着せていました。

イベント後、サインをもらってお手紙を渡す際、Luna先生のほうから
「これは浴衣?かっこいいね!お祭りに行くの?」などと(もちろん英語で・・・)たくさん話しかけて下さり、息子は恥ずかしがっていましたが、ニコニコとして頷いていました。
帰りに「Luna先生に甚平、褒めてもらったね!」と言うと大きな声でとても嬉しそうに「うん!」と言っていました。

Q. 今回、お手紙を頂きましたが、なぜLuna先生に手紙を書こうと思ったのですか?

我が家での週末イベントは先生方へのお手紙を書くところから始まり、準備の時間から一緒に楽しむことを大切にしています。
そのため初対面の先生にも必ずお手紙を用意していきます。

息子の名前の「つぐ」という部分が英語圏の先生方には発音が難しいと思い、初対面の先生には自己紹介を兼ねて「Call me MUNE!」と書きます。
Luna先生はこの時が初めてだったので、イベントインフォメーションなどの写真を一緒に見ながら「これがLuna先生だよ!お手紙渡そうね!楽しみだね!」などと声かけしながら手紙を書きました。

Q. 手紙を書いている時のお子さんの様子はどうでしたか?

去年までは私の指示された通りに手を添えられながら書いていた先生へのお手紙ですが、最近では率先的に取り組むようになり成長を感じます。
この時も文字の色を自分で選んだり、アルファベットを一緒に発音したり、写真を切ったり貼ったりするのもちょっとした工作気分で楽しいようです。
「MUNEって言ってくれるかなぁ~?」と言いながらイベントでLuna先生に会えるのをますます楽しみにしている様子でした。

Luna先生からむねつぐくんへのビデオレター2

Q. Luna先生にメッセージをお願いします。

元気いっぱいの素敵な笑顔でイベントを盛り上げて下さりありがとうございました!!
親子共々またお会いできるのを楽しみにしています♫
その時はぜひ息子のことを「MUNE!!」と呼んであげてください(^^)


むねつぐくん、これからも「ディズニーの英語システム」で英語を学びながら、ネイティブの先生ともいっぱい交流して楽しんでくださいね!

最新の「子どもたちをわくわくさせるネイティブの先生がいっぱい!」