ディズニー英語システム TOP > 乳児・幼児からの英語 > 英語教育に関するニュース > 英語入試の先行き不透明!TOEICが大学入試共通テストへの参加を取りやめ

英語教育に関するニュース

TOEIC新テスト離脱

2020年度から新しい大学入試共通テストへ向け、英語は民間試験を採用する大学が多くなります。
複数ある民間試験から受験生がどれを選択するか、特徴や時期、検定料を比較しつつ検討していくことになります。

しかし、大学受験に利用される民間試験の足並みがそろっていないようです。
大学入試共通テストへの参加を取りやめる民間試験も出てきました。新聞記事から見てみましょう。


TOEIC、新テスト離脱

大学入試 成績提供 対応が困難

2020年度から始まる大学入学共通テストで活用される英語の民間試験に、TOEICが参加しないことになった。大学入試センターとTOEICの実施団体が7月2日、発表した。成績提供などを、センターが求める通りに行うことが困難なためという。

民間試験は「読む・聞く・話す・書く」の4技能を測るために導入される。センターは昨年、英検やGTEC、TOEICなど8種の試験の参加を認めたが、取り下げがあったのは初めて。残る7種は、予定通りに参加する見込みだという。文部科学省の昨年度の調査では、TOEICを受ける意思を示した高校生は全体の1.8%だった。

TOEICはもっぱらビジネス向けの試験として知られ、「読む・聞く」と「話す・書く」のテストを別々に実施している。日本で実施する国際ビジネスコミュニケーション協会(東京)によると、当初は二つのテストの成績を別々にセンターへ提供する予定だったが、統合することを求められたほか、両テストをなるべく近い時期に実施することや、「話す・書く」の会場を増やすことなどの対応が必要になり、取り下げを決定したという。

同協会の担当者は「参加が認められて以降、センター側から実施に向けて求められる内容が変わってきた。想定よりも実施や結果提供の処理が複雑になり、20年4月のスタートに間に合わない可能性が出てきた」と説明する。「これ以上意思決定を遅らせ、受験生や学校関係者に迷惑をかけられないと判断した」という。

センターの企画部長は「民間試験の取り下げは想定外の事態で残念。他のテストは予定通り参加する方向で準備が進んでおり、受験生に迷惑がかからないよう、安定した運用のために努力を続けたい」と話した。


増谷文生 記者

新英検概要発表
260会場で実施へ

日本英語検定協会は7月2日、大学入学共通テストの開始に合わせて始める3タイプの新型英検のうち、メインとなる「S-CBT」の実施概要を発表した。全都道府県の186エリアに約260会場を用意し、2020年4~11月に毎月実施する予定で、受験生が最大で2回受けられるようにするという。

協会は試験を4~7月(第1回)と8~11月(第2回)に分け、それぞれ1回ずつの受験を認める。受験生にまず「予約申込」をしてもらい、人数に応じて会場を確保したうえで「本申込」をしてもらう。協会は実施日や実施回数を調整し、希望者全員が受験できるようにするとしている。

費用は5800円(3級)から9800円(準1級)の間で、予約申込の際に3千円を支払ってもらう。予約申込は第1回が今年9月、第2回が来年1月の予定。


朝日新聞 2019年7月3日付 社会面

※承諾書番号19-3115
※朝日新聞社に無断でこの記事を転載することを禁止します。

英語教育に関するニュース