子供・幼児英語教材 ディズニーの英語システム Top > 乳児・幼児からの英語 > 英語教育に関するニュース > 中学生や高校生の英語力は政府が目標としていたレベルに届いていない?

英語教育に関するニュース

中高生の英語力、政府目標とどかず


2017年に行われた公立中学校・高校対象の英語学力テストの結果が2018年4月に発表されました。
中高生の英語学力は全国的に改善傾向にあるものの、政府目標にはまだ届いていないようです。新聞記事から見てみましょう。


中高生の英語力 政府目標とどかず

改善傾向

全国の公立学校の中高生のうち、政府が示す英語力の水準に達した生徒は中3が40.7%、高3が39.3%で、「2017年度中に50%とする」という政府目標にいずれも届かなかった。文部科学省が17年度の調査結果を4月6日に発表した。高3では全国で初めて福井県が50%を超えるなど、中高ともに改善傾向にはある。

政府の水準は中3が「英検3級以上」、高3が「英検準2級以上」、またはこれらに相当するGTECなどの民間試験に合格すること。ただ、こうした資格がなくても「同程度の力がある」と教員が判断した生徒も「水準に達した」とみなされ、中高全体の半数余りを占める。

この「英語教育実施状況調査」は13年度に始まり、今回で5回目。高校では都道府県、中学は都道府県と政令指定都市ごとの結果が公表され、高3で水準に達した生徒は福井県が52.4%でトップ、中3も福井県で62.8%と最も高く、さいたま市(58.9%)、横浜市(54.0%)と続く。最も低い堺市は27.6%で、福井県とは30ポイントの差があった。

文科省は英語担当教員についても調査。「英検準1級以上」の英語力を示す資格をもつ教員の割合は中学で33.6%、高校で65.4%で、いずれも政府の目標(中学50%、高校75%)には届かなかった。秋田県や大阪市、熊本市など、教員の資格の取得率が平均を下回っていても、生徒の力が平均より高い自治体もあった。

文科省は21年度から実施される中学校の新学習指導要領で「授業を実際のコミュニケーションの場面とするため、授業は英語で行うことを基本とする」と定めるなど、小中高を通じて英語の発信力を高めたい考えだが、子どもや教員がどこまで対応できるか、懐疑的な意見もある。

■都道府県別の中3、高3の英語力
(中3は英検3級相当以上、高3は英検準2級相当以上)

表2政令指定都市の中3の英語力

表1都道府県別の中3、高3の英語力



■政令指定都市の中3の英語力
(英検3級以上相当)

表2政令指定都市の中3の英語力

朝日新聞 2018年4月7日 社会欄より
根岸拓朗 記者

※承諾書番号 18-1825
※朝日新聞社に無断でこの記事を転載することを禁止します。

英語教育に関するニュース