子供・幼児英語教材 ディズニーの英語システム Top > 乳児・幼児からの英語 > 英語教育に関するニュース > 大学入試では英語を「話す」力重視の傾向が強まっていきそうです

英語教育に関するニュース

大学入試では英語を話す力重視

新型の英検®では一次試験の時点でスピーキングも評価

2020年度から実施される大学入学共通テストの英語では、民間による外部試験の結果を採用することになっています。
そして、大学入学共通テストに適正な民間試験かの審査では、「1回の試験で英語4技能(聞く・読む・話す・書く)の全てを評価するものであること」が認定要件となっており、これまでよりも「話す」力がより重視される傾向がうかがえます。
例えば、大学入学共通テストで採用された新型の英検では一次試験の時点でスピーキングも評価される点が、従来型の英検と大きく異なる点です。
また、スピーキング力を高めるために、ヒアリング力も共に高める必要性も増していくでしょう。

今後、大学入試でどのような英語力が評価されるようになるのか、新聞記事から見てみましょう。

【大学入学共通テストで採用された英語民間試験】
①Cambridge English(ケンブリッジ英語検定)
②英検(新型)
③GTEC
④IELTS
⑤TEAP
⑥TEAP CBT
⑦TOEFL iBT
⑧TOEIC

※参考リンク:
文部科学省 大学入試英語成績提供システムへの参加要件を満たしている資格・検定試験とCEFRとの対照表について

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。


現行英検 落選ショック
大学入学共通テスト


協会 「新型」の受験料割高に
高校 「従来型」残り混乱懸念


2020年度に始まる大学入学共通テストの英語で活用される4技能を測る民間試験に、8種が合格した。だが、学校も会場となり、多くの中高生が受けている現行の英検が落選。各試験の成績を国際基準に当てはめて比べる方法に疑問の声も上がり、経済的、地域的な格差の問題に改めて注目が集まる結果となった。

「文部科学省後援の英検がまさか落ちるとは」。英検を実施する日本英語検定協会の幹部は、審査結果に驚きを隠さない。

英検(小学生向け英検などを含む)は2016年度、約340万人が志願した国内最大の英語の民間試験だ。全国約400の本会場のほか、学校単位などの準会場が約1万7千ヵ所あり、教員らが試験監督を務める。志願者のうち中高生は約260万人を占めるが、今の方式の「従来型」は共通テストでは認められない。

協会は今年8月から来年にかけて、共通テストに対応した「新型」の試験を3種類始める予定。筆記とリスニングの1次試験の合格者だけがスピーキングの2次試験に進む従来型と異なり、全受験生がスピーキングも受ける。

だが、面接者や録音用機器の確保に費用がかさむため、受験料は従来型と比べて割高となり、2級(高卒程度)の場合は5800円が7500円に上がり、離島などを除き準会場での実施もしない予定だ。

高校にも衝撃が広がった。佼成学園女子中・高校(東京都世田谷区)は、15年前から、6月と10月の英検前の2週間を「英検まつり」として集中的に勉強する期間に位置づけ、中学生は5級以上、高校生は3級以上を学校で受ける。大学入学共通テストも同様に学校で受験できると見込んでいたが、見直しを迫られる可能性が高い。

従来型の英検は、今後も残る。入試の合否判定に使っている国公私立大もあり、同校の教務責任者は「同じ英検でも試験タイプによって、成績を使える大学が違う。生徒は混乱しないだろうか」と心配する。

実施されている民間試験が限られる地方でも影響が心配される。宮崎県立日南振徳高校の指導教諭は「英検は生徒に最も身近な試験。受験料の負担増には配慮してほしい」。

文科省は低所得層の受験料などは補助する方針だ。

合格試験の公平性疑問
国際基準と比較 各団体が判断

今回合格したのは、英検(新型)をはじめ計8個。 

現在の大学入試センター試験が「読む・聞く」の2技能だけを直接測るのに対し、共通テストでは「話す・書く」を加えた4技能を評価するため、民間試験を使うことになった。

ビジネスや留学など目的が異なる複数の試験のスコアを比べられるよう、文科省は各試験での得点が国際基準「CEFR(セファール)」の6段階のレベルのどこに当たるかを示す対照表を作った。だが、公平性に懸念の声も上がる。

対照表は3年前に文科省がまとめたものを各試験実施団体が精査し、レベルを判断したにすぎない。その結果、CEFRの各レベルに対応する特典を修正したり、一部のレベルに該当するとしていた成績を「測定に責任が持てない」と消したりした試験があった。

対照表について文科省は「大体どのくらいかを評価する指標。1点刻みのセンター試験と同じと言うつもりはない」と認める。だが、全国高校長協会長の都立高校校長は「1点、2点で合否が決まるのが入試。繊細さが求められる中でうまく組み込めるのか」と疑問視する。

また、高校3年の4~12月に受けた試験の成績は、入試センターを通じて2回分まで大学に送られ、合否判定に活用されるが、慣れるために事前に何度でも受けられる。8種の受験料は5800円から2万5380円かかり、経済的に困難な家庭の高校生が不利になる可能性もある。

  ◇     ◇     ◇

「話す」テスト実施に壁 「国が責任持つべきだ」

英語の4技能の中でも、スピーキングは測り方が難しい。京都工芸繊維大学はパソコンを使ったスピーキングテストを開発し、14年度から1年生約600人の学年末試験として実施しているが、公平性の担保に苦労してきた。

京都工繊大のテストの狙いは、英語で課題を達成する力を測ることだ。テストは全部で9問あり、学生がヘッドセットを使ってパソコンに音声を吹き込み、録音された音声を採点する。開発を担った教授によると採点は6段階で、採点者2人の評価の差が1つなら平均を採り、二つ以上ならば上級採点者がやり直す。当初は2人の評価が分かれることが多く、毎年の研修後に採点者も試験を受け、質を高めてきたが、7%程度の不一致率は残る。

大変なのは採点だけではない。音声データが録音できなかったり、テスト前に突然、工事のドリルの音が近くで響いたりというトラブルを経験。1人の学生が大きな声で解答し、他の学生がテスト後のアンケートで「まねができる環境だった」と答えた例もあった。




朝日新聞 2018年3月27日 社会欄より
片山健志/峯俊一平 記者

※承諾書番号 18-1825
※朝日新聞社に無断でこの記事を転載することを禁止します。


従来型の英検でも、さまざまな優遇措置を受けられるメリットあり

なお、従来型の英検でも受験や進学においてさまざまな優遇措置があります。
例えば、国立お茶の水大学の公募推薦、AO入試では英検の取得級を合否の参考にしたり、出願資格にしています。また早稲田大学の国際教養学部では、英検の取得級に応じて入試の合計点に加点する仕組みをとっています。

ここで英検のサイトに掲載されているメッセージをご紹介します。
"現在、全国の330以上の大学様にご利用いただいている英検は全て、従来の英検でございます。このたびの結果いかんに関わらず、2020年度まではもちろんのこと、「共通テスト」が施行された後も、「成績提供システム」を介さないAO入試や個別入試におきまして、高校生が全学年に渡り、公開会場や準会場で受験可能な従来の英検はそのまま利用が継続、もしくは拡大するものと思われます。また「成績提供システム」を介する英検の新方式につきましても、前述のとおり運営方法以外は従来の英検と同じですので、入試の準備としてもご活用いただけます。"

従来型の英検は今後も活用できるので、取得するメリットは大きいと言えるでしょう。

※参考リンク:
英検協会からの声明文~「大学入試英語成績提供システム」参加要件の結果を受けて~

英語教育に関するニュース