英語教育に関するニュース

英語入試進学校どう動く

小学校での英語の教科化に伴い、中学受験でも英語入試を取り入れる学校が増加しています()。
平成30年度の中学入試では、新しい学習指導要領と大学入試制度への対応を見越し、多様な入試のスタイルがみられるようになりました。
伝統校、進学校においても、長年定着した受験のスタイルを変える動きはあるのでしょうか。新聞記事から見てみましょう。

※関連記事


英語入試 進学校どう動く

中学受験を考えるなら英語も必修――という時代が近づきつつある。英語は、2020年度から全面実施される新学習指導要領で正式な教科になり、現在の小5が受けることになる「大学入学共通テスト」からすべて外部検定試験に変わる。首都圏では、今年も「英語入試」を導入する私立中が増えている。英検2級、準1級レベルを求める学校もあるが、進学校まで「英語入試」は広がるのか。


開成中・武蔵中・豊島岡女子学園
「検討中」「今は考えず」

昨年11月、都内で開かれた大手進学塾主催のシンポジウム。国公私立の高校の校長らが登壇し、新しい大学入試への取り組みなどを議論する中、開成中(荒川区)が「英語入試」について学内で検討していることが、話題にのぼった。

柳沢幸雄校長は「中学入試に英語を入れると決めたわけではない。導入するとしたらどんな形が考えられるかを、学内で研究している段階だ」と言う。

新指導要領によって小3から外国語活動、小5から正式な教科として学んだ子が、4年後には中学受験の時期を迎える、とはいえ、小学校の英語教育は、地域や学校、外国人講師の配置、教師、授業の形態などでかなり差が出る。

「帰国生など十分な英語力をもって入学してくる生徒の力の維持もある。入試に入れるとしたら授業を成立させる目的で最低限のものにするか、合否に反映させるかどうかなど位置づけから考えなければならない」と柳沢校長。

英ロンドン大などと連携している武蔵学園。武蔵中(練馬区)の梶取弘昌校長は「入試導入の是非はまだ検討段階で、現時点では考えていない」と話す。今後、他校の状況も見ながら判断するという。「海外で1、2年暮らせば英語で話すことはできるが、英語で文章を書くのは難しい。書くことも重視しつつ、書く中身や話す中身を問い、育てたい」

海外大学への進学者も多い渋谷教育学園渋谷中(渋谷区)の高際伊都子副校長も「教科化後について検討は始めている。入試に導入するかは、慎重に考えたい」。同学園幕張中(千葉市)の入試対策担当者は「海外大の合格者数で非帰国生が帰国生を今年度初めて上回った。ゼロから教えても結果にはつながる。今後については小学校英語や受験者の動向などをみて考えるが、英語を入れることで他教科の優れた力を持つ生徒が入学できなくなることは避けたい」。

英語の配点を他教科の1.5倍にする帰国生向け高校入試を今回から始める豊島岡女子学園(豊島区)。中学入試では現在、要件を満たした帰国生に5点を加えている。竹島志乃校長は「英語力は教育環境による格差が大きい。今は入試への導入は考えていないが、入学者の英語レベルの調査を今後予定している」。

帰国生が多く受験する私立中では、これまでも、英語で受験できる帰国生入試などを実施してきたが、少しずつ進学校にも広がり、高いレベルが求められる。英語選択入試を導入している市川中(千葉県)も、英検2級程度の問題と英作文で問う。英語の参考テストをしてきた慶應義塾湘南藤沢中等部(神奈川県)も19年度から、聞く、読む、エッセイなどによる英検2級から準1級程度の英語入試を始める予定だ。


導入校、活性化へ入試も多様化
「聞く話す」に重点おく

中堅校では多様な形での「英語入試」が広がる。森上教育研究所の調査では、今回から英語を必要とする入試を導入する私立中は、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城の1都4県で17校。昨年から必須だった中学を含むと55校を超える。必須でなく何らかの形で入試に英語を課す学校まで含めば140校以上になる。

今回から導入する私立中の一つ、共立女子中(千代田区)は、英語でのコミュニケーション能力を問う「英語インタラクティブ入試」を始める。6人の生徒と外国人教師1人でグループになり、英語で自己紹介などをし合った後、ゲームなど2種類の活動の説明を受け、生徒同士で行う。その様子を採点して選抜する入試だ。基礎力は、同時に課す算数で問うという。

同校には帰国生の入試もある。だが、海外在住期間などが要件に達しない生徒は一般入試で受験する。「幼いころから英語を学んでも、進学塾に通い始めて英語をやめざるを得なくなる。大学入試では4技能が問われるのに、中学受験で英語学習にブランクができるという声で、この入試を設けた」と児島博之校長は説明する。読み書きではなく、聞く話すに重点をおく。

すでに教科の枠を超えた合科型論述の入試も始めている。児島校長は「多様で柔軟性のある生徒が集まり刺激しあうことで、学校を活性化させたい。そのためには入口の入試も多様な形が必要だ」という。

ほかの中学でも、「英語コミュニケーションスキル」など、英語の読み書き以外の力も、様々な形の入試で問う。

一方で、英語は保護者の海外赴任など、幼いころから英語学習ができる環境にある家庭の子供が有利になる。「英検○級以上」などと出願条件に外部検定を使う私立中もあり、その受験費用も安価ではない。


朝日新聞 2018年1月20日 変わる進学/大学入試新時代へ 「第2東京」より
宮坂麻子記者

※承諾書番号 18-0551
※朝日新聞社に無断でこの記事を転載することを禁止します。

英語教育に関するニュース