ディズニー英語システム TOP > 乳児・幼児からの英語 > 英語教育に関するニュース > 文法中心から脱却!「コミュニケーションできる英語」を目指し、中学英語は会話重視に

英語教育に関するニュース

文法中心から脱却!「コミュニケーションできる英語」を目指し、中学英語は会話重視に

昨年まで続いた大学入試センター試験の後継として、2021年度に初めて施行された、大学入学共通テスト。問われる内容に大きな変更があり、英語のリスニング問題では1回しか読み上げられない問題が増えるなど、実用的な英語を聞いて対応する力が試されました。

ますます早くから「聞く力」「表現する力」をのばし、英語に親しめる環境が必要になるとみられ、家庭での英語環境づくりも重要になりそうです。中学校の英語の指導にも表れてきた変化を、新聞記事から見てみましょう。


中学英語教育、会話を重視
新指導要領、「即興で伝える力」育成

中学校の英語教育が様変わりしている。2021年度の新学習指導要領の実施に伴い、実際の会話のように、即興で考えや気持ちを伝える力の育成が求められるようになった。学校現場では従来の文法中心の指導から脱却し、「コミュニケーションできる英語」を目指した授業が始まっている。(広島市発)

文法中心から脱却

「What is your favorite subject?(あなたの好きな教科は何ですか?)」

4月半ば、広島市教委が英語教育のモデル校の一つに指定するA中(安佐南区)を訪ねると、入学したばかりの1年生のクラスとは思えない英語で、互いに自己紹介し合っていた。教諭や外国語指導助手(ALT)の進行もほぼ英語。まずアルファベットの書き方から習ったかつての授業風景とは大きく異なる。

会話文では、まだクラスで文法のルールを教えていないフレーズも用いる。担当の教諭は「この授業の目標は会話を続けること。語法の正確さより、しゃべろうとする姿勢に重きを置く」と狙いを語る。生徒が英語でやりとりする場面づくりに力を入れ、教師より生徒の発言時間が長い授業を目指すという。

新しい指導要領では、生徒に修得を求めるスキルが拡大した。従来の「読む・聞く・書く・話す」の4技能のうち、「話す」は「やりとり」と「発表」に分かれた。つまり準備して臨むスピーチだけでなく、当意即妙で会話を続ける力が求められるようになったのだ。

長年にわたり、中学1年がスタートラインだった英語教育。しかし小学校で11年度に外国語活動、20年度に成績評価を伴う授業が始まった。こうした流れの中で、新学習指導要領の実施を機に21年度、広島市立中の1年生が使う教科書からは、冒頭にあったアルファベットに慣れるページが消えるなどレベルが向上。中学3年間で習う語数は1600~1800語程度と400語以上増え、高校で扱っていた文法の一部も中学で習うようになる。

入試も変化しつつある。東京都は22年度の都立高入試で、スピーキングテストを初めて取り入れる方針。20年度に初めて実施された大学入学共通テストでは4技能を測定する民間試験の導入が見送られたが、引き続き検討は続く。

学習塾を運営する会社(中区)の英語教育開発部主任は「今後の入試は、文法の知識や長文読解に偏った力では乗り切れない」と指摘。大学入学共通テストでは、使える英語を意識した出題傾向が見えたという。

「家庭でも親子で英語が使えるメリットについて話す機会を持ってほしい」と同主任は話す。使える英語力を鍛えるには、現実の社会での英語の重要性を知り、意欲を高めることが第一歩となりそうだ。

新本恭子 記者

中国新聞 デジタル 2021年4月25日配信
※中国新聞社の許諾を得ています。

英語教育に関するニュース

ディズニー英語システム TOP > 乳児・幼児からの英語 > 英語教育に関するニュース > 文法中心から脱却!「コミュニケーションできる英語」を目指し、中学英語は会話重視に