英語教育に関するニュース

英語話して成績アップ

文部科学省が4月16日に公表した2018年度の「英語教育実施状況調査」によると、英語を話す取り組みを積極的に取り入れた自治体で、中学生・高校生の英語の成績がアップしているようです。
新聞記事から見てみましょう。


英語 話して成績アップ

文科省調査
自治体、4技能重視

文部科学省が4月16日に公表した2018年度の「英語教育実施状況調査」では、成績がアップしている自治体の多くが、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を意識した授業に日頃から取り組んでいることがわかった。

「実用英語技能検定(英検)3級程度」以上のレベルに達した中学3年が前年度から16.5ポイント増の75.5%で全国トップだったさいたま市。同市では16年度から、英語でのコミュニケーションを重視した、9年一貫の独自のカリキュラムを市内の全公立小中学校で実施している。中学校では、学習指導要領で定められた英語の授業時間は年140コマ(1コマ50分)だが、「総合的な学習の時間」などを活用して年157コマを確保。英語で討論する時間を充実させている。

昨年度からは全生徒に英語の民間試験を受けさせ授業の改善に反映させている。市教委の担当者は「積み重ねの成果が出ている。英語に対する生徒の前向きな姿勢は年々高まっている」と手応えを語る。

16、17年度と中3が連続で全国最低だった堺市。18年度から、市内の全中学校で授業を英語のみで行うようにしたことなどが功を奏し、前年度比13.0ポイント増の40.6%と躍進した。

中3が2位(61.2%)、高3がトップ(56.0%)の福井県では、民間試験の受験費用を補助しているほか、英語で教科書の感想や休日の過ごし方を生徒同士で話させるなど、県を挙げて4技能を意識した授業を展開。「地道な取り組みが全体の底上げになっている」(県教委)という。

また、高3で上位の秋田県では、昨年度から県教委が英語でのディベート大会を主催。授業でも自分の意見を述べさせており、同11.6ポイント増の53.3%となった。県教委の担当者は「意見を発信する機会を増やしながら、生徒の英語力を向上させたい」と話している。



読売新聞2019年4月16日夕刊より
※読売新聞東京本社に無断でこの記事を転載することを禁止します。


<編集後記>英語力の地域差が広がる理由は?

「英語教育実施状況調査」から、英検®3級以上相当の英語力がある中学3年生の割合を、20の政令指定都市別に見てみましょう。
2017年度から2018年度にかけての増減の地域差は大きく、特にさいたま市・堺市が大きく増加していることが良くわかります(下表参照)。
上記の新聞記事でも指摘されている通り、この2都市では下記のような英語教育に関する取り組みが行われています。
自治体の取り組みの有無や質の違いによって、子供たちの英語力にも地域差が生まれているようです。

  • さいたま市では、2016年度より全ての市立小中学校で9年一貫の独自の英語教育授業「グローバル・スタディ」を実施。なお、「グローバル・スタディ」は各学年で年間157時間実施されており、現状の学習指導要領の英語授業時間よりも年間17時間多い。

  • 堺市では、2018年度から、市内の全中学校で授業を英語のみで行っている。

※1 英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。


■政令指定都市の中3の英語力(英検3級相当以上)
2017年度と2018年度調査の比較(※2

政令指定都市 2017年 2018年 前年度比
札幌市 33.4% 33.9% +0.5%
仙台市 40.6% 43.2% +2.6%
さいたま市 58.9% 75.5% +16.6%
千葉市 47.2% 46.8% -0.4%
川崎市 48.3% 42.3% -6.0%
横浜市 54.0% 55.9% +1.9%
相模原市 35.1% 36.4% +1.3%
新潟市 33.6% 38.3% +4.7%
静岡市 32.8% 37.0% +4.2%
浜松市 28.0% 31.2% +3.2%
名古屋市 34.5% 35.9% +1.4%
京都市 43.1% 45.6% +2.5%
大阪市 52.2% 52.8% +0.6%
堺市 27.6% 40.6% +13.0%
神戸市 35.1% 31.5% -3.6%
岡山市 35.3% 41.1% +5.8%
広島市 42.9% 47.5% +4.6%
北九州市 43.7% 47.5% +3.8%
福岡市 53.2% 50.9% -2.3%
熊本市 51.3% 51.6% +0.3%

※2 下記資料より作成

文部科学省:平成29年度「英語教育実施状況調査」の結果について

文部科学省:平成30年度「英語教育実施状況調査」の結果について

英語教育に関するニュース

ディズニー英語システム TOP > 乳児・幼児からの英語 > 英語教育に関するニュース > 英語の成績がアップしている地域の特徴は?