英語教育に関するニュース

小学英語来年春から正式教科

2020年から採用される小学校の英語教科書の検定が終了し、内容が公開されました。
新指導要領をふまえた新しい英語の教科書では文法は教えないものの、「仮定法過去」などの高校レベルの内容が含まれる英文も出てくるようです。
新聞記事から見てみましょう。


小学英語 Are you ready?

来年春から正式教科 内容は

来春から小学校で使われる教科書の検定が終了し、中身が公表された。5、6年で外国語(英語)が正式な教科となり、授業では教科書が使われるようになる。どんな中身なのか。

小学校英語の教科書のポイント

  • 「聞く」「話す」をベースに、「読む」「書く」も
  • イラスト多数
  • 活動多数(例えば...スイカ割り、メッセージカード作り、発表)
  • 語彙数は600~700語程度。下限は600語
  • 文法は教えない

「What would you like? (何になさいますか)」
光村図書の5年の教科書に登場する表現だ。2人の子どもがファストフード店で、注文を聞かれる場面で出てくる。こうした表現は現在、中学校で扱うが、文法上は「仮定法過去」で、高校で教える内容。編集者は「日常的な表現。難しい論理は中学以降でいい。まずは慣れることが大事」と言う。

小学校は以前から「聞く」「話す」を通じて英語に慣れ親しむ「外国語活動」があり、現在は移行措置で教科としての授業もある。5年生を担任する都内の小学校教諭は教科書の内容について「子どもにとっては割と簡単だろう」と話す。

教科になることで「読む」「書く」の学習が加わるが、児童は英語の音声に慣れていることが前提だ。教科書では「文字を追いながら英語を聞こう」(三省堂)、「音声を聞いて、次の英文をなぞってから書き写しましょう」(学校図書)などと記載されている。ある編集者は「8割は『聞く』『話す』に費やした」と言う。

教科書の多くは、移行期間用に文部科学省が作った教材「We Can!」を参考に構成された。小学校の先生は英語の指導経験が乏しく、「大幅に変えてしまうと、やっと慣れた先生たちが使いにくくなる」(教育出版)との考えからだ。ゲームなどの「活動」がてんこ盛りの教科書も。

識者は新しい教科書をどうみるか。文科省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」の委員だった松本茂教授(コミュニケーション教育学)は「絵やリスニング素材が多く、活動もたくさん。教科書としては9割方はこれでいい」と言う。「あとは、子どもが言いたい単語が教科書になければ、先生が一緒に調べて入れ替えてあげること。子どもにとっては生きた英文になり、話したくなるはずです」

一方、同じく委員だった明海大外国語学部の大津由紀雄教授は、「『読む・書く』が加わり、単語数や文型も多く、先生も子どももこなしきれないのではないか」と語る。「英語教室や塾で学ぶ子と、学校だけの子の間での英語への慣れの二極化が、さらに広がるだろう」と懸念する。


朝日新聞 2019年3月27日 社会面より
山下知子記者、氏岡真弓編集委員

※承諾書番号19-1653
※朝日新聞社に無断でこの記事を転載することを禁止します。

英語教育に関するニュース

ディズニー英語システム TOP > 乳児・幼児からの英語 > 英語教育に関するニュース > 2020年から小学校の英語教科書はどんな内容になるの?