「ディズニーの英語システム」先輩ユーザーの声

WFクラブのイベントを通して たくさんの優しい先生たちとふれ合い 楽しい経験ができたことは家族の宝物です

真依ちゃんは3歳の時から「ディズニーの英語システム」(DWE)を始めて11歳で卒業しました。
DWE卒業までの日々について、お母さまからのメッセージをご紹介します

娘が幼稚園に入園したときに、サンプルDVDをきっかけにDWEの教材を購入しました。
優しいメロディーの歌には日常英会話がたくさん入っていて、あっという間に全曲覚え、ほれぼれするような発音で歌う娘を見て、とてもワクワクしたことを覚えています。始める年齢が遅いとはまったく思いませんでした。年齢が大きいからこそ理解も早く、すぐにすべての教材を楽しめました。

一番思い出深いのはシング・アロング(SA!)です。毎日の生活の中で、歌とぴったりのシーンを見つけては一緒に歌っていました。イエローの歌が歌いたくて動物園に連れていったことも懐かしい思い出です。
CAPにも取り組み、1年後にはブルーCAPに合格し、初めてのサマー・キャンプにも参加しました。オール・イン・イングリッシュの環境で、娘が自然な英語をたくさんアウトプットしている様子にとても驚きました。

先生方にとても優しくしていただき、娘の英語力もほめていただいたことが親子ともにとてもうれしかった思い出です。その後も現在に至るまで、そのときの先生にイベントでお会いするたびに娘の成長を喜んでいただき、本当に感謝しています。
WFクラブを通してたくさんの先生とふれ合い、楽しい経験ができたことは、家族の宝物です。

DWEのおかげで小学生になるとリーディング力もついてきて、DWE以外の絵本もどんどん読めるようになってきました。
英検にも挑戦すると、3年生のときに準2級に合格することができました。

5年生になり、ほかの勉強も忙しい中で、DWEの卒業課題に挑戦した娘のがんばりをほめてあげたいです。よくがんばったね。
DWEで身につけた英語力はいつか必ず役に立つときがきます。
自分に自信をもって、夢に溢れるすてきな大人になっていってね。
いつも応援しています。

最新の「先輩ユーザーの声」

子供・幼児英語教材 ディズニーの英語システム Top > みんなの声 > 先輩ユーザーの声 > WFクラブのイベントを通してたくさんの優しい先生たちとふれ合い、 楽しい経験ができたことは家族の宝物です