「ディズニーの英語システム」関連教材 トークアロング・カード

音声カードを使って英語の聞き取りと使い方を習得します。

動画で見るトークアロング・カード

楽しいカードで遊んでいるだけで、その言葉が文章の中でどのような働きをするのか理解していきます。

トークアロング・カードについて

単純に単語だけを覚えるのではなく、文章で話す、文法を理解するチカラを身につけることができます。
また、カードのインタラクティブな質問に答えることで、コミュニケーション能力を養い、リード・アロング機能で読むチカラの基礎を養います。

カードを通すたびに、同じ単語のさまざまな使い方が流れます。

お子さまが自分で操作できる録音機能付き。外付けマイクを使えば、発音チェックも遊び感覚で楽しめます。

赤と緑のマジック・スクリーンを使うと、単数形・複数形などの単語の変化も目で見て簡単に覚えられます。
walk/runなどの類語も自分で発見し、使いこなすことができるようになります。

ユーザーボイス

健聖(けんた)くん 2歳
「トークアロング・カードを使ってゲームをして遊んでいます。」

我が家の子どもたちは、トークアロング・カードを使って「早取りゲーム」をして遊んでいます。床に10~20枚程度のカードを広げ、私が言った言葉のカードを誰が一番早く取れるかを競います。途中でカードにのっている単語や文章だけではなく、“Mommy’s neck!”や“Daddy’s bag!”など、家の中にある他の物も交えると、より楽しそうにバタバタとはしゃぎながら、遊んでいます。カードが折れても切れても、交換保証制度があるので、安心して思い切り使えてうれしいです。
(お母さま談)

教材内容

トークアロング・カード

  • カード(2箱)510枚
  • インデックス・カード12枚
  • プレイメイト
    (カード読み取り機)1台
  • プレイメイト使用説明書1冊
  • ガイドブック1冊

さらに詳しい内容をPCサイトで見る

ディズニーの英語システムのご紹介」のトップへ戻る