• ワールド・ファミリー・クラブ 会員ログイン
  • 資料請求
  • 無料体験
  • 資料請求
  • 無料体験

スマイルズ&ドリームスSmiles&Dreams英語ではぐくむ笑顔と夢

【特集 No.01】高円宮杯準優勝 DWE卒業生に迫る! 山本彩加さん インタビュー

「ディズニーの英語システム(DWE)」の思い出

彩加さんとDWEとの出合いを教えてください。

姉妹とDWEを使う彩加さん(中央)

山本さん:DWEと出合ったのは2歳9ヶ月の頃です。でも、その頃の事は、全く覚えていないんです(笑)。気がついたら、自分の周りが全部ディズニーになっていて、いつからDWEを使いだしたか、という記憶さえありません。


ご両親はどのようなサポートを?

実際に使っていた教材

山本さん:両親は英語ができなかったので、教えてもらう事などは全くなかったです。ただ、英語環境づくりにはものすごい情熱を持ってやってくれました。車の中ではずっとDWEの歌がかかっていて、姉妹も両親もそろって大合唱してました。
妹たちと一緒にDWEのビデオを見たり、それを見ながら歌ったり踊ったり。どの部屋にいてもいつでもDWEの歌が聞こえたり、DWEのお話しのCDが聞こえたりと、「自然とDWEをおもちゃがわりに家の中で楽しんでいた」という感じです。
私の両親は「教える」ということはなかったですし、「やりなさい」と言われたことも一度もありませんでした。英語を無理強いされてたら家出してたと思います(笑)。自然に楽しいおもちゃとしてDWEを与えてくれた事に本当に感謝しています。


ワールド・ファミリー・クラブのイベントには行かれましたか?

WFクラブ・イベントで先生と

山本さん:私はイベントが大好きでした。
家族でイベントを見に行くのが恒例になっていて、イベントには芸能人に会いにいくような気分で行っていました。イベントが終わった後に、先生たちとお話できるのが本当にうれしかったんです。
最初は、「恥ずかしい」とか思っていましたが、先生たちへの憧れが強かったので、何回もイベントに足を運んでいるうちに、どんどん積極的に話しかけるようになりました。


「日米子どもサミット」にも参加されたようですね?

【写真上】日米子どもサミットでお友だちと 【写真下】現地小学校訪問の様子

山本さん:はい。5歳の時に父親と参加して、とても良い経験をしました。 実際に英語が飛び交っている世界に入って、お友だちに英語が通じると思った時は本当に感激しました。「英語が話せれば、違う国の人とも友だちになれるんだ」って。


その2年後、今度は母親と参加したんですが、また違った感動がありました。
現地の小学校にお邪魔したのですが、アメリカの小学生たちが日本の茶道について調べてレポートにまとめてたんです。それを見て、「私、日本のこともっと知らなきゃ!」と思いました。
外国の人が日本の文化に興味をもってくれている事がわかった時、「もっと日本の文化を知らなきゃ恥ずかしいな」と思ったんです。 この時のツアーメンバーの友だちとは今でも交流があります。







かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)