子供・幼児英語教材 ディズニーの英語システム Top > ユーザーコミュニティ > イベントを楽しむDWEキッズたち > これからも英語でスピーチをしたい!CAPの帽子がやる気をくれたイベント

イベントを楽しむDWEキッズたち

161122_1.jpg
香川県 リオナちゃん(5歳)、リクくん(2歳)ママのイベントレポートです。

初めて参加したCAP kidsのイベントで、英語のスピーチをしているお友達をみて「私もスピーチをしてみたい」と思った娘。
まだその時はイエローCAPではなかったのですが、自分からステップ・バイ・ステップに取り組み、とてもよく頑張りました。
テーマは、『My Future Dream Job』だったのですが、娘は『When I grow up, I want to be a princess.』を伝えたいと思い、原稿を提出してから数ヵ月で「プリンセスになるのは難しいね・・。」という事に本人が気が付きました(笑)。
プリンセスたちが大好きなこと。プリンセスになるのは難しいから、プリンセスのドレスを着て写真を撮ったりしている事を話そうと言い出しました。

そして、前日になって発表の時に見てもらいたいから手作りボードを作りたいという娘に、母は慌てて、写真の現像と文房具屋さんに走りました。
会場について、お友達を見つけると「手作りボード見て~」と説明。
161122_2.jpg

本番では、いつか王子様と結婚が出来たらいいなぁ。という事や夢がかなうといいなぁ。という願いも込めて、5歳3ヵ月の娘らしい自分の言葉で発表しました。
161122_3.jpg

DWEを購入した時に、娘がこんな風に英語でスピーチをする日がくるなんて思いもしなかったので、その堂々とした姿にとても感動しました!

その後のイエローCAPの子どもたちでの発表も緊張してつまることもなく参加し、イベント中も先生のリアクションに笑ったり、お友達と手をつないでダンスしたりと、とっても楽しそう。

161122_4.jpg

娘は、課題をクリアするともらえるご褒美シールやCAPのレベルが分かる帽子の色にも興味がありませんでした。
だけど、子供が主役のCAP kidsの参加で、次はあの帽子で参加したい、スピーチしたいと思うようになり、ライムCAP、イエローCAPへと順調に進みました。
イベントが終わってからも先生たちに「プリンセス姿が可愛いね。スピーチがよかったよ。」とたくさん褒めていただき、これからもスピーチをしたいと言っています。

ワールド・ファミリーの教材、WFクラブやネイティブの先生に感謝しています!

最新の「イベントを楽しむDWEキッズたち」