2~3歳

公開日:2017年02月23日

知っている英単語を増やして子供の英語の語彙力を高めよう!

知っている英単語を増やして子供の英語の語彙力を高めよう!

たくさんの英単語を知っていると、その分だけ英語の聞き取りや会話が上達します。では、英単語の数を増やし語彙力を高めるには、一体どうすればよいのでしょうか?子供英語学習にぴったりな英単語の勉強方法をご紹介します!

知っている英単語の数が多いと英語がもっと楽しくなる!

知っている英単語の数が多いと英語がもっと楽しくなる!

知っている英単語の数が多いと、耳から入る英語の意味を正確に理解することができ、リスニング力がアップします。また、自分の言いたいことを適確に言い表せるので、英語を話すことがもっと楽しくなります。

母国語である日本語は、周囲の人が話す言葉を聞いて自然に新しい単語を覚えていくことができます。しかし、英語の場合はどうでしょう。日本語のように普段の生活の中で英語が耳に入ってくるということはあまりありませんね。

とは言え、英単語だけをピックアップして覚える方法は子供英語学習には向いていません。「ただ覚えるだけ」という学習方法では単調に感じてしまい、集中力が欠けて英語学習へのやる気も下がってしまいそうです。

では、ここからは子供英語学習にぴったりな英単語の学習方法をみていきましょう!

英語の歌のCDを使って英単語を覚える

英語の歌のCDを使って英単語を覚える

英語の歌のCDをかけると、子供はメロディやリズムに乗って自然に英語の歌を口にします。何度も繰り返し英語の歌を聞くうち、歌詞をすっかり覚えて上手に歌えるようになります。

例えば、日本でもよく知られている「大きな古時計」という歌がありますね。これは、アメリカの「Grandfather's Clock」という歌が原曲です。歌詞を見ると「clock」「shelf」「floor」「treasure」「pride」などの英単語が登場します。このように英語の歌を歌いながら、身近に使える英単語をどんどん増やしていけるので、英語の歌のCDをぜひたくさん子供に聞かせてあげましょう。

テレビやDVDを見て英単語を吸収する

テレビやDVDを見て英単語を吸収する

テレビやDVDもオススメです。子供向けの英語のアニメや映画では、登場人物の動きを見ながら英語のセリフに耳を傾けることができます。言葉の意味や細かいニュアンスを目で見て感じ取りながら、新しい英単語を吸収することができるので、英単語をしっかり覚えることができます。

例えば、寒さを表す言葉をみてみましょう。まず「cold」という表現が思い浮かびますが、寒さを表す英単語はこのほかにも「freezing」、「chilly」などいくつかあります。テレビやDVDを見ながら、こうした微妙なニュアンスの英単語を吸収し、英語の表現力を高めていきましょう。

絵本の読み聞かせでスペルを確認しながら英単語を覚えよう

絵本の読み聞かせでスペルを確認しながら英単語を覚えよう

絵本の読み聞かせでは、耳で英単語の発音を聞くと同時にスペルを目で見て確認することができます。新しい英単語に出会ったとき、耳と目の両方からインプットすることができるため、頭の中に英単語が印象深く残り効率よく吸収することができます。

特に、英語の童話の絵本では動詞の過去形が多く登場します。「was」「were」「came」「knew」「said」「went」など、読み聞かせを通して自然に過去の表現を吸収することができます。また、「read」は現在形も過去形も同じスペルですが、発音は異なります。英語の絵本の読み聞かせでは、こうした難しい英単語の使い分けも自然に身に付けられるようになりますよ。

子供と一緒に英語を楽しみませんか?詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)