2~3歳

公開日:2017年01月16日

国際感覚や広い視野を育む、外国の赤ちゃん人形の特徴

国際感覚や広い視野を育む、外国の赤ちゃん人形の特徴

赤ちゃんの人形を使ったごっこ遊びは、小さな子供に好まれる遊びです。子供が赤ちゃんの人形をだっこしてママになりきって遊ぶ姿は、本当にかわいいものですよね。

赤ちゃんの人形を使ったごっこ遊びは日本の子供だけでなく、外国の子供の間でも親しまれていますが、実は、外国の赤ちゃん人形には日本の人形にはあまり見られない特徴がいくつかあります。その特徴とは一体どのようなものなのでしょうか?

さまざまな人種のデザインがある!

さまざまな人種のデザインがある!

外国では、ヨーロッパ系やヒスパニック系、アフリカ系、アジア系など、さまざまな人種をデザインした赤ちゃん人形が販売されています。例えば、フランスのコロール社やアメリカのハズブロ社では、ひとつの赤ちゃん人形を複数の人種のデザインで展開しており、子供が自分の好みに合わせて赤ちゃん人形を選ぶことができます。

さまざまな人種の人々がひとつの社会で暮らす外国では、人によって肌や髪の色が異なることが普通です。そうした社会や文化の特徴が、人形のデザインにも表れているのですね。

多言語対応のおしゃべり機能

多言語対応のおしゃべり機能

アメリカでは公用語として英語が使われていますが、出身地や人種によっては、スペイン語やポルトガル語などを話す家庭もあります。そのため、おしゃべり機能がついた人形には、英語以外の言語を話す多言語対応の人形も少なくありません。

例えば、アメリカで人気の赤ちゃん人形、ハズブロ社の「Baby Alive」は、英語とスペイン語に対応したおしゃべり機能がついています。スイッチひとつで言語の切り替えができるので、赤ちゃん人形で遊びながら英語とスペイン語の両方を耳にすることができます。

外国の赤ちゃん人形で国際感覚や広い視野を

外国の赤ちゃん人形で国際感覚や広い視野を

日本のおもちゃ売り場でも、赤ちゃん人形がたくさん並んでいますね。日本で誕生した赤ちゃん人形は、日本の子供が親しみを持ちやすいようにアジア系のイメージでデザインされたものがほとんどです。また、おしゃべり機能がついた人形が話す言語は、たいていが日本語のみです。

しかし、おしゃべり機能のある外国の赤ちゃん人形なら、人形遊びをしながら外国語に触れる機会も自然に作りだせます。外国の赤ちゃん人形は肌や髪の色の種類が豊富で、さまざまな人種に合わせた多様なデザインが特徴的です。ふだん子供が何気なく手にとるおもちゃですが、その中に外国の赤ちゃん人形を取り入れると、国際感覚や社会への広い視野を育むきっかけにもなるのではないでしょうか。外国の赤ちゃん人形はインターネットでも販売されており、簡単に購入することができますよ。ぜひチェックしてみてくださいね!

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)