4歳以上

公開日:2016年06月29日

子供でも取れる英語の資格!どんな工夫が必要?

子供でも取れる英語の資格!どんな工夫が必要?

幼児のうちから英語学習を始めた人は、早い段階で英語の資格試験を受けることが多いようです。日本英語検定協会の「英検」は、受験資格に年齢制限がなく、実際に小学校入学前の子供が合格している例もあります。

英語の資格を取得するとどんなメリットがあるのか、詳しくお話ししていきましょう!

 

入試で優遇を受けられる

入試で優遇を受けられる

英語の資格には、年齢に関わらずチャレンジできるものがあります。中でも英検は、英語の資格の中でももっともメジャーな資格であり、利用できる範囲も幅広いです。

英検は、中学受験・高校受験・大学受験において、さまざまな優遇制度を受けられます。英検の資格を取得していると、入学試験の免除や入試の点数に加点をもらえたり、奨学生・特待生として入学したりすることができます。英検の優遇措置を設けている学校は、公表しているだけでも全国に1,740校あり、国立・公立・私立を問わず多くの学校が利用しています。
(参考リンク:「公益財団法人日本英語検定協会」

 

目標を持つことで学習意欲を支える

目標を持つことで学習意欲を支える

英語の資格が受験に役立つといっても、小さな子供にはピンと来ないかもしれません。しかし、明確な目標を持つことは、普段の英語学習のやる気アップにも繋がります。

英語は、コツコツ長く続けることが大切です。言葉は使わなければ忘れてしまうものであり、英語を身に付けるには、繰り返しの学習が欠かせません。できるだけ小さいうちから英語学習を始めるとその分長く英語を学習でき、繰り返し英語を学ぶ機会も増やすことができます。

ただ、英語を長く続けるにはモチベーションの維持が必要です。モチベーションが下がってしまうとやる気が失われ、学習効率が悪くなってしまいます。そんなとき、英語の資格取得が目標にあると英語学習に取り組む理由や目的が明確に定まり、学習意欲を引き出すことができます。英語学習の進行状況を見ながら適切な目標を設定してみましょう。

 

目標を設定するうえで気をつけたいこと

目標を設定するうえで気をつけたいこと

英語学習を続けるうえで、英語の資格取得を目標に持つことはオススメです。ただ、幼児の場合、親の思いが一方通行にならないように少し気をつけた方がよさそうです。目標を親子で共有し、子供が理解しやすいように促してみましょう。

小さな子供なら、資格取得のメリットについて説明しても、あまりピンと来ないかもしれません。むしろ、「ママと一緒に英語を学ぶのが楽しい」という気持ちが、英語学習の動機として強い場合もあります。そんなときは、英語の資格取得はあくまでゴールとし、「毎日親子で一緒に英語を学ぶこと」を目標にすると、楽しく学ぶことができます。

また、子供は「できた!」という達成感を得ることに、うれしさや自信を感じるものです。英検に限らず、まずは比較的やさしい資格からチャンレジしてみるのもいいかもしれません。成功体験を積むと、次の目標にチャレンジすることがますます楽しくなりますよ!

 

子供と一緒に英語を楽しみませんか?詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)