4歳以上

2018/08/10

子供の英語学習を成功させる秘訣は「環境作り」が必要不可欠

子供の英語学習を成功させる秘訣は「環境作り」が必要不可欠

子供の英語学習を成功させる秘訣は、環境作りにあります。今回は、いつ、どのようにして学習に取り組んでいけばいいのかという情報をお届けします。子供の英語学習をどうしようか考えている方は、ぜひ、参考にしてみてください。
また、英語と日本語の学習は両立できるのか、子供の頃に行う学習のポイントは何なのかなど、英語をマスターさせるための近道についてもお教えします。英語学習に適した環境を整え、子供の英語力をどんどん伸ばしていきましょう。

参考:「ディズニーの英語システム」(DWE)で英語環境づくりをしているママたちの声はこちら!
ユーザーママ座談会「ウチでは教材をこんな風に使っています」(前編)
ユーザーママ座談会「ウチでは教材をこんな風に使っています」(前編)

「ディズニーの英語システム」(DWE)で英語環境づくりをしているママたちの声はこちら!

<目次>
英語学習を始めるのに適した時期
英語と日本語の学習は両立できるのか
子供の頃に行う英語学習のポイント
英語学習に適した環境を整えよう
子供に英語をマスターさせる近道は環境を整えてあげること

英語学習を始めるのに適した時期

英語学習を始めるのに適した時期

子供の英語学習は、いつから始めたら良いのでしょうか。まずは、英語学習に適した年齢はいつごろなのかご紹介します。また、その時期に学習を始める理由についてもお教えするので、見ていきましょう。

英語を学ぶのに適した年齢

英語学習を始めるのにベストな時期は、0~5歳頃と言われています。脳や聴覚が発達する途中のこの時期に英語にたくさん触れておくことで、英語学習の効果を引き出しやすくなるからです。子供の英語学習では、学びたいという子供自身の意欲も欠かせないので、家族みんなで協力し、その意欲を育ててあげましょう。

0~5歳の時期が英語学習に適している理由

身長や体重などは、年齢と共に徐々に発達していきますが、脳や神経系の発達は、5歳になる頃には約80%まで成長します。それから10歳までゆっくりと発達を続け、100%の成長に至るのです。この脳や神経系の急速な発達期間は、「黄金期」と呼ばれることもあります。そのため、この時期に英語学習を行えば、効果的に学習を進めていくことができるのです。
子供の英語学習は、脳と体が発達する時期に取り組めるという点で、大人の英語学習と大きく異なります。見たものや聞いたものをどんどん吸収できるこの時期に、しっかりと英語に触れさせていきましょう。

参照:【早期英語教育】子供の英語学習は何が良いの?年齢別おすすめ勉強法

英語と日本語の学習は両立できるのか

英語と日本語の学習は両立できるのか

早いうちから英語学習に取り組む際、よく耳にするのが「英語と日本語の両方が中途半端になる」という意見です。しかし、日常のほとんどを日本語で過ごすのなら、その心配は必要ありません。その理由について、詳しく解説します。

母語である日本語が自然と優先される

日本に住んでいるのであれば、家族の会話やテレビから聞こえてくる声、街で出会う人々が話す言葉も、ほとんどが日本語です。そのため、子供は母語である日本語を自然に習得していきます。この際、同時に英語を学んだとしても、日本語を覚える妨げになるほど学習量が多かったり英語だけを聞かせたりするような学び方でなければ、日本語の習得が遅れてしまうことはありません。

英語を学ぶことで日本語と英語どちらにも相乗効果が期待できる

カミンズの「2言語共有説」では言語の表層面と深層面について紹介しています。これは日本語と英語、表面的には違う言語ですが、言語感には共通する部分があるという説です。日本語の意味を理解することで、それにあった英単語の意味を理解するのに役立ちます。逆に英語を学ぶことで、日本語との違いに敏感になり、より日本語を意識するようになる可能性も考えられます。

英語学習は遊びの時間に取り入れよう

普段の生活では日本語で話すことをメインにし、空いた時間や遊びの時間に英語学習を取り入れることで、英語と日本語を上手く両立して学んでいくことができます。子供が英語と日本語を区別できる時期になれば、それぞれ別の国の言葉として記憶していくこともできるので、混同せずに学ぶことができるでしょう。聞いている言語の意味が理解できるようになれば、好きな単語も出てくるので、どんどんインプットしていくことができますね。

参照:幼児英語教育はやるべきか?6つのメリットと4つのデメリット

子供の頃に行う英語学習のポイント

子供の学びたいという意欲を引き出すために、英語の学習ポイントを押さえておきましょう。子供の頃の英語学習では、周りのサポートが欠かせないので、家族みんなで環境を作っていくことが大切です。

英語は楽しいものと思ってもらう

4、5歳の時期は、興味のあるもの、そうでないものがハッキリしてくる年齢です。それと同時に、理解力も発達してきます。この時期に英語は楽しいものと思わせることができれば、興味の対象として見てもらうことができるので、好奇心を持って学習に取り組んでもらえるでしょう。
子供は興味を持ったものに対して、計り知れない集中力を発揮します。実際、同じことを何度も繰り返したりたくさん真似をしたりすることも多いですよね。そのような子供の特性を、英語学習にも取り入れられるようにしましょう。英語に関係するおもちゃや絵本、DVDなどを使って、興味を持たせる方法もオススメです。

興味を持ったらどんどん吸収させる

無事に英語に興味を持つことができたら、好きな食べ物や動物の単語などから、どんどんインプットさせていきましょう。普段どんなおもちゃで遊んでいるのか、どんなテレビ番組を好んでみているのかを観察し、子供の好みを見つけてみてください。英語の絵本を読み聞かせたり一緒に英語の歌を聞いたりして、好きなものを探ってみるのもオススメです。初めのうちは、英語の音に慣れるということを意識してみてください。簡単な内容の絵本や音楽を選べば、子供も理解しやすいので、好き嫌いがハッキリとしてくるでしょう。

話し相手を作ってあげる

いろんな言葉を覚えることができたら、アウトプットできる環境を作ってあげることも大切です。話し相手を作り、会話のできる環境を整えてあげましょう。楽しくアウトプットできる環境があれば、英語は相手とコミュニケーションを取るために必要なものであると、子供は認識してくれます。自宅では、ママやパパが積極的に話し相手になってあげるようにしましょう。家族が話し相手なら、子供も安心して話をすることができますね。ご両親が英語に自信がない場合は、子供の発する英語を聞いてあげるだけでも問題ありません。何か英語で話すことができたら、思いっきり褒めてあげましょう。

続けられる環境を整える

英語は日本語と同じように、毎日繰り返し学習を続けることで、自分の言葉として身につけることができます。そのためには、学習を続けていける環境を整えてあげることが大切です。
日本人が英語をマスターするまでに必要な学習時間は、2,000時間は必要だと言われています。しかし、中学や高校では、1,000時間ほどしか英語の授業を受けることができません。そのため、学校の授業以外に約1,000時間の学習が必要になるのです。
2,000時間と聞くと英語学習はとても難しいものであるように思えますが、決してそうではありません。子供のうちから毎日少しずつでも英語学習の時間を設けておけば、2,000時間という膨大な学習時間をどんどん消化することができます。例えば、1日3時間英語CDのかけ流しやDVDをみる時間を作ったとしましょう。すると、3時間×365日=1,095時間。つまり、1日3時間英語を聞く時間を作ると、約2年で2,000時間分のインプットができます。
そのため、英語を聞く時間を作ったり、英語を話せる場を設けてあげたりし、英語学習を続けられる環境を作ってあげることが、子供のうちの英語学習では最も重要なことなのです。

参照:プレジデントFamily こども英語大百科 2016完全保存版 (プレジデントムック)

英語学習に適した環境を整えよう

英語学習に適した環境を整えよう

0~5歳のうちに英語学習に取り組むなら、自宅での環境作りが欠かせません。良い教材を揃えたり、周りの家族がサポートしてあげましょう。

教材を揃える

英語は楽しいものだと思ってもらうために、子供の英語学習に適した教材を揃えてあげましょう。気に入った教材を見つけることができれば、子供が英語を学びたいと思うきっかけを作ることができます。もちろん、英語のテレビ番組や絵本を使う方法も英語学習では有効ですが、子供の英語学習に特化した教材を利用すれば、更に効果的です。
特にオススメなのは、「ディズニーの英語システム」(DWE)です。こちらは、「幼児英語セット教材市場」で1位の売上を獲得しており、とても人気のある英語教材です。また、イード・アワードの「効果がある子ども英語教材」の部門賞でも3年連続1位を獲得しており、高い評価を得ています。「シング・アロング・セット」「プレイ・アロング・セット」といった様々な種類のセットがあり、学習を始めるタイミングや、求める学習方法に合わせて選ぶことができるのも魅力的です。
また、ディズニー・キャラクターが登場する絵本やDVD、カードや絵本にタッチすると英語が流れるペンなど、教材には子供の興味をひく工夫が色々と凝らされています。子供が気に入ったセットを選ぶと良いでしょう。また、DVDやCD、絵本やアルファベット表が入った無料サンプルもあり、どんな教材なのか試しに利用することもできるので安心です。

【シング・アロング・セット】
名前に「シング」とついているように、歌をテーマとして英語を学ぶことができるのがこちらの教材です。日常生活で使える会話も歌詞に含まれており、高校生で習う文法まで習得することができます。と言っても、いきなり難しい文法の学習から始まるわけではないので安心してください。英語の歌が130曲以上も入ったCDもセットになっているので、小さな子供も楽しんで学習することができます。
また、リズムに合わせて英語を学ぶことができるので、英語独特のイントネーションも自然と覚えられます。子供の頃に英語をたくさんインプットするのに、とても適した教材ですね。ディズニー・キャラクターが登場するDVDや絵本もセットになっているので、子供の英語に対する興味を引き出すこともできます。

【プレイ・アロング・セット】
中学生レベルまでの英文法を学ぶことができる学習教材です。CDやDVDをメインとして学ぶことができるので、始めて英語に触れる子供でも、無理なく楽しんで英語を習得することができます。音楽や映像に合わせて、歌ったり踊ったりしながら学習できるので、英語は楽しいものであると子供に感じてもらうことができるでしょう。子供は基礎体力をつけることも必要なので、身体を動かして学習できる教材を利用すれば、一石二鳥ですね。
こちらのセットには、ディズニー・キャラクターたちは登場しませんが、オリジナルの可愛らしいキャラクターたちが、子供を楽しませてくれます。DVDに出てくるキャラクターのおもちゃもセットになっているので、遊びの一環として英語を学ばせることもできますよ。

子供英語の無料体験
子供英語の無料体験

家族がサポートを行う

英語学習に適した教材を揃えたら、それで終わりではありません。家族が教材を一緒に使い、一緒に学習することで、子供は使い方を覚えていきます。ママやパパが一緒に学習を始めれば、同時に子供の話し相手にもなってあげることができますよね。この際、ご両親の英語が完璧でなくても、子供が間違った英語を覚えてしまうことはないので、不安にならずに堂々とお話してあげましょう。英語を使う機会を作ってあげるということを意識し、一緒に会話を楽しんでみてください。
また、学校に通うようになれば、英語の先生や周りのお友達が話し相手にもなりますが、自宅にいることが多い0歳~5歳の時期は、家族が話し相手になってあげるのが一番です。話す場があることで、子供は英語が必要なものであると認識することができるので、アウトプットできる環境作りもしていきましょう。

子供に英語をマスターさせる近道は環境を整えてあげること

子供に英語をマスターさせるには、家族が協力して環境を整えていくことが必要です。子供の英語学習に適した教材を使えば、子供1人で学習に取り組むこともできますが、ご両親が協力してあげることで、その効果を何倍にも引き出すことができます。特に自宅では、ご両親が会話をする相手となるので、子供が積極的に英語を話すことができるようになるために、しっかりと聞き役になってあげましょう。
また、英語学習を続けられる環境作りも欠かせません。「継続は力なり」という言葉があるように、毎日少しずつでも続けて学習することで、英語をマスターすることができるようになるのです。そして、英語は楽しいものだと思ってもらうために、遊びを取り入れながら、学習する機会を作ってあげてみてください。子供は興味を持ったものに対し、大きな集中力を発揮します。その集中力を活かし、たくさんの英語を吸収させていきましょう。

  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)