4歳以上

2017/05/12

文字を読めなくてもOK!小さな子供から挑戦できるオールリスングの英語検定

子供の英語学習をしていると、気になるのが英語検定の試験です。公益財団法人 日本英語検定協会が実施する「英検」は、高校や大学入試で優遇を受けたり単位として認定されたりする重要な資格です。今回は、小さな子供から始められる英語の検定についてご紹介します!
 

小学校以下の英検受験者数は約35万人! 

 

英語検定は文部科学省が後援を務め、個人の英語力を証明する資格として高校や大学、会社などさまざまな場で利用されています。毎年、大人から子供までたくさんの人が受験をしており、公益財団法人 日本英語検定協会の発表によると、2015年度の英検受験者数は約322万人にものぼりました。しかも、そのうちの約35万人は、小学校以下の子供たちだったのです。

こんなにも多くの子供たちが英検を受験しているということに、ちょっと驚いてしまったという人もいるのではないでしょうか。

英検の取得者に対し、入試で優遇制度を設けている学校もあるため、早くから子供の英語学習を始めて、目標の英検取得に向けて勉強に励む家庭もあります。また、英語検定は子供の英語学習の動機付けにもなります。英語検定の取得というはっきりとした目標があると、子供の英語学習へのやる気も引き出せますし、取得したときに達成感を覚えて、英語学習がさらに楽しくなるメリットもあります。

 

幼児にオススメ!「英検Jr.」

 

英検にチャンレジしたいと思っても、幼児の場合ネックとなるのが「読み書きが上手にできない」という点です。英語を話したり聞いたりするのは得意でも、「文字を読むことができない」「えんぴつをうまく使えない」などの理由で受験が難しい場合があります。

そんな小さな子供にオススメなのが「英検Jr.」です。「英検Jr.」はオールリスニングテストなので、読み書きができない小さな子供でも、問題なく受験することができます。

テストを受けるときは、英語の音声を聞いて、その英語のフレーズに合うイラストに○をつけて解答します。テストはオンライン受験にも対応しており、自宅で試験を行うこともできますよ。

一般の英語検定には合格・不合格の通知がありますが、「英検Jr.」はあえて合否をつけず、正答率で示します。できたところを認める育成型スタイルのため、子供の学習意欲を高め、英語を学ぶ楽しさを感じることができます。

読み書きができない小さな子供からチャンレジできる「英検Jr.」。現在の子供の英語力の確認や、将来的な英語検定試験の練習に、ぜひお役立てください!

 

子供と一緒に英語を楽しみませんか?詳しくは コチラをご覧ください。

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)