4歳以上

2016/09/27

子育てを100%楽しむコツ!先輩ママたちの子育てエピソード

子育てを100%楽しむコツ!先輩ママたちの子育てエピソード

子育ては大変なこともありますが、それ以上に楽しいことやうれしいことがいっぱいありますよね。そこで、先輩ママが感じた「子育てのココが楽しい!」「充実を感じた瞬間」などを大調査!我が子と過ごすかけがえのない時間を100%楽しむためのコツやアドバイスをお届けします!

子育てにもっとも充実を感じるのはいつ?

子育てにもっとも充実を感じるのはいつ?

子育ての期間というのは長いようでとても短いものです。子供は10歳くらいから仲間意識が発達して、人間関係の重点が親子から友人へとシフトしていきます。思春期に入るとさらに親から自立して行動するように。子供の自立は親としてとてもうれしく誇らしいものですが、同時にちょっと寂しい気分になってしまうものです。

祖父母世代や先輩ママたちの中には「子供が小さいとき、人生でもっとも充実を感じた」と口にする人がたくさんいます。親子の関係が親密な幼児期はとても貴重なときです。特に4歳以降は体力や身体能力が発達してさまざまな遊びが楽しめるようになり、親子であちこちお出かけすることもできます。また、コミュニケーション力が発達しておしゃべりが上手になり、親子で会話を楽しむこともできます。子供が幼児期の頃こそ子育てを最高に楽しめるときなのかもしれませんね。

子育て感動エピソード

子育て感動エピソード

それでは、子育てエピソードや体験談など先輩ママたちの声をご紹介しましょう。

「子供が小さいときは蜜月だと思って大切に過ごしました。おにぎりやサンドイッチを用意してお庭で食べたり、近くの公園へピクニックに出かけたり。雨の日も室内にレジャーシートを敷いてピクニック気分でランチを食べたりしました。とても楽しかったです。」

「動物園の年間パスポートを利用して、しょっちゅう子供と一緒にお出かけしました。子供は動物が大好きで1~2時間ほど歩いても全く平気。子供はもう高校生ですが、未だに当時の写真を見て親子で思い出話をします。」

「子供が幼稚園で描く絵はいつもママばかり。親子で手をつないでいる絵だったり、ママがドレスを着ている絵だったりさまざまでしたが、どの絵も子供の思いがいっぱいつまっていて感動しました。それらの絵は日付と子供の年齢をメモしてファイルに入れて大切に保管しています。私の一生の宝物です。」

「息子が『ママ大好き』『世界で一番かわいいのはママ』『僕がママを守るから大丈夫!』などと言ってくれて。親が子供を愛するのと同じくらい子供も親を愛してくれるんだなと思いました。」

子供と過ごす日々は毎日が新しい発見に満ちていています。そのときは何気ない出来事でも、後から振り返ってみれば宝物のような思い出になるかもしれません。子供と過ごす1日1日を大切に重ねていきたいですね。

子育てを楽しむコツや心構え

子育てを楽しむコツや心構え

責任感が強くまじめなママほど、ついがんばり過ぎて子育てを楽しむことを忘れてしまいがちです。子供のためにとしつけや教育に完璧を求めすぎてしまうと、うまくいかなかったり失敗してしまったりしたときにがっくり落ち込んでしまうかもしれません。

子育てを楽しむには、少し肩の力を抜いて気楽な気分で子供と一緒に過ごすくらいがよいようです。特別な楽しみやプランをわざわざ用意する必要はありません。子供と一緒に遊んだり、テレビを見たり、おしゃべりをしたりと、当たり前の日常の中にこそ子育ての楽しみがいっぱいつまっています。親子で一緒に共通の趣味を楽しんだり、お料理やお菓子作りに取り組んだりするのもオススメです。今しか体験できない親子の貴重な時間をめいっぱい楽しみましょう!

キッズ英語の特集ページでみんなの声をチェック!
詳しくは みんなの声をご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)