1歳

2018/07/05

英語学習総まとめ!幼児期に取り組むときの悩みを一気に解決

金髪の子供

子供の習い事として人気があるのは、水泳や英語、ピアノです。その中でも「英語」なら幼児向けの教室に通わなくても、教材をそろえて自宅でママやパパと楽しみながら学ぶことができるでしょう。ただし、親としても、「いつから始めるの?どう進めるの?」といった疑問を持つ方は多くいらっしゃいます。そこで、英語に触れ合うタイミングや、親子で取り組む考え方についてご紹介します!

参考:英語学習を取り入れている家庭へのアンケートをチェック!
英語教材をよく使用する家庭は親子のふれ合いも増えている!英語教材をよく使用する家庭は親子のふれ合いも増えている!
英語のカード遊び

<目次>
子供の英語教育はいつから始める?
親子で取り組む英語教育
幼児向けの英語教材選び
英語を使った家族のコミュニケーション


子供の英語教育はいつから始める?

英語を学ぶ三つ編みの女の子

早めに英語に触れ合う環境を作ることには様々なメリットがあります。幼児が音に慣れる大切さや、年齢に合わせた学習方法について確認してみましょう。

幼少期は、英語の「音」に慣れる絶好の機会

子供が言葉を覚えるスピードや習得する能力の高さは驚異的です。生後6ヶ月ほどの赤ちゃんでも、言語を学習する能力があり、早期英語学習は効果が期待できると分かっています。
英語の「RとLの発音の違い」や「子音でおわる単語」を身につけるには、日本人にとって聞き慣れていない音を聞き分ける必要があります。
しかし、日本語の周波数は125~1,500Hzなのに対し、アメリカ英語は750~5,000Hzの高い周波数帯が使われており、英語の周波数の音を聞き分ける能力は、年齢を重ねると習得が難しくなる傾向にあります。
幼少期は、英語の「音」に慣れる絶好の機会です。早くから英語に親しめる環境を整え、親子で英語を楽しみましょう。
次は年齢に応じた英語学習環境のつくり方をご説明します。

年齢で見る英語学習

0~1歳

脳の成長が目覚ましい0~1歳の期間は、聞いた音をどんどん吸収します。言葉を話せないかわりに、周囲からのインプットを積み重ねているのです。この時期は、英語の歌を中心に英語に触れてください。CDやDVDなどを使って英語を聞く時間を作ってあげます。
短い時間のかけ流しでも、続けることで多くの英語をインプットできます。たとえば、2,000時間分の英語をインプットするとしましょう。1日に3時間、聞く時間を作れば約667日でインプットできます。0歳からスタートしたなら、2歳になる頃には2,000時間分の英語を聞いたことになります。子供が集中して聞く必要はなく、聞き流すだけでも大丈夫です。眠る前に、英語の子守唄を聞かせてあげるのも良いかも知れません。

2~3歳

2~3歳になると「英語を聞く」だけではなく、リズムに合わせて踊ったり、歌ったりすることもできるようになります。日本語も含め、まだ言葉がつたない時期なので子供が「英語は楽しい!」という感覚を覚えるように工夫しましょう。そうした感覚が身についていると、今後の英語学習も楽しみながら継続できるようになると思います。踊ったり歌ったりすることが苦手な子供であれば、英語の絵本の読み聞かせもおすすめです。子供が興味を示しやすいキャラクターが描かれた絵本を通じて英語に触れさせ、英語の楽しさを伝えていきましょう。

4歳以上

子供が言葉を使って自分の意思を伝えることができるようになったら、英語でのアウトプットも積極的に行わせていきましょう。
親子のコミュニケーションで英会話を取り入れてみたり、一緒に英語学習に取り組む友だちを作って英語でおしゃべりしたりすると良い刺激になります。
また、ネイティブの先生と触れ合えるような英語のイベントに参加するといった方法もいいでしょう。イベント参加はそれ自体が子供同士の共通の話題になるので、英語でのコミュニケーションのきっかけ作りに役立ちます。

マタニティ

胎教で使うことのできる英語教材もあります。お腹の中にいる赤ちゃんは妊娠10週ほどで耳や目などの感覚器官が作られ、妊娠20~25週にかけて感覚器官の機能が発達していきます。
妊娠5ヶ月頃からお腹の赤ちゃんは外の音が聞こえるようになるので、この時期にママ自身も聞いてリラックスできる英語の歌などを胎教に使ってみても良いでしょう。
また、お腹の中にいる赤ちゃんとのコミュニケーションとして、英語のCDを聞かせたり英語で話しかけたりしてみてはいかがでしょう。


親子で取り組む英語教育

ソファで本を読む家族
子供が「英語は楽しい!」というポジティブな気持ちで英語学習に取り組むためには、ママとパパの接し方も大切です。どのようなポイントを心がけるべきか、確認してみましょう。

コミュニケーションとして取り組む

何よりも大事なのは、子供の楽しいと思う感情です。
そのためにはママやパパも子供と一緒に英語学習を楽しむと、子供が英語をますます楽しく感じるようになります。
また、子供が英語教材をどう楽しんだのか、何を学んだのかを聞いてみても良いかもしれません。子供は自分の行動に興味を持ってもらえると嬉しく感じますし、話すことでその日の内容を再確認できます。そうした会話の中で子供を褒めてあげると、向上心に繋がります。学習の成果ではなく、勉強したプロセスを褒めてあげるように心がけると、自発的に取り組む努力をするようになるでしょう。

英語を話す環境を作る

子供が楽しんで英語に触れ合う環境には「話す題材」「話し相手」「話す場」が必要です。それぞれがどのような役割を持つか説明していきます。

英語で話す題材を見つける

日本語でも英語でも、人と話すには何かしら会話の題材が必要です。英語のDVDはドラマでもアニメーションでも子供が英語で話す題材になります。ほかにも英語の絵本やおもちゃも効果的です。英語と触れ合う第一歩として、英語教材を探してみましょう。子供が興味を引きやすい題材であれば、遊び感覚で自主的に学んでいきます。その後、先ほど紹介したように親子のコミュニケーションとして、何をしたのか聞いてあげてください。

英語で話す相手を見つける

題材と組み合わせる形で、話し相手も大切です。話す相手がいればインプットだけでなく、アウトプットも頻繁に行えるので英会話の上達に期待がもてます。まずは、とにかく英語を使う機会を作ってあげましょう。
子供が知らない英単語を使っていたら、「そんな言葉も知っているんだ!凄い!」と褒めてあげるのです。話す題材と会話をする相手がいれば、相手に気持ちや考えを伝える喜びが味わえます。「楽しい!嬉しい!」といった感情は、子供が英語を学ぶ大きな動機になるでしょう。両親はもちろんのこと、英語で話す友だちや先生を探してあげても良いかも知れません。
ディズニーの英語システム」(DWE)はユーザー向けにネイティブの先生と毎週電話で話せる「テレフォン・イングリッシュ」というサービスを提供しており、こうしたサービスを継続的に利用すると英語で話す良い練習になります。

英語だけで話す場を見つける

英語と日本語の両方を学んでいる場合、英語で話せない言葉はついつい日本語に置き換えてしまいます。それでも意味が伝わってしまうので、英語で伝える必要性が薄れ上達に繋がりにくくなります。そこで、英語だけで話す場を作ってあげてください。
ご家庭で1日10分だけでも英語のみで会話をする時間を設けても良いでしょう。英会話教室に通うよりも手軽に英語だけで話す時間を確保できます。
また、DWEの、ユーザー向けの英語イベントのような場を利用するのも効果的です。
こうしたイベントでは、同じ教材を使っている子供と楽しみながら交流でき、英語だけで話すモチベーションも高められます。こうしたイベントに参加ですることで、英語を友達やネイティブの先生と一緒に楽しむ手段としてとらえられるようになるので、英語学習が長続きするでしょう。


幼児向けの英語教材選び

子供と絵本を読む母親

英語教材を選ぶときは、どんな基準で選べばよいのでしょうか?
自宅で英語に触れ合う機会を作るには教材選びも大切です。
ここでは、英語教材を選ぶ時のチェック・ポイントを確認しておきましょう。
教材の種類別にどのような効果を期待できるのかをチェックして、教材選びの参考にしてください。

英語のCD

英語のCDは赤ちゃんの時期から幅広い年代の子供に使える優秀な教材です。
何度も繰り返し聞き流すことで、記憶を促すことができます。
テレビCMの歌など、覚えるつもりで聞いていなくても何回か聞いているうちに口ずさめるようになった経験はないでしょうか?
CDの音声に子供が集中していないように見えても、無意識的に脳が音を処理して記憶される場合も多いので、気長にCDのかけ流しを続けましょう。
一方で、CDの英語を集中して聞いて、声に出して真似る子供もいます。こうした聞き方ももちろん英語学習に効果的です。

英語のDVD

音だけでなく映像も交えて英語に触れることができます。CDと違い動きがある分、子供の興味を引きやすいのが特徴です。内容が難しい物は避けて、日常生活で使える英会話フレーズや定番の英語ソングが収録されている物を選びましょう。
特に、似たフレーズが繰り返される内容のDVDがおすすめです。
はじめは言葉の意味が理解できていなくても、繰り返し聞くことで、映像の情報と組み合わせて自然に意味を認識していきます。
日本語を覚える場合でも、「今日は晴れだね」「今日は雨だね」というふうに繰り返し子供に話しかけることで、子供は太陽が出ている時は晴れだと言葉の意味を認識していきます。これは英語を覚える時も変わりません。
CDや絵本でも同じことが言えますが、DVDは「見る」と「聞く」を同時に行える点が有利です。
たとえば、子供向けの英会話教室でよく使われる曲「Head, Shoulders, Knees and Toes」でも、体の各部位を触りながら「頭は英語で“Head”」のように感覚的に覚えられます。こうした遊び歌のアニメーションを流したり英語の歌に合わせたダンスのDVDを親子で見て踊ったりすれば、DVDの内容をより子供に定着させることができます。

英語の絵本

英語の絵本の使い方は2パターンあります。ママやパパが読み聞かせする時に使うパターンと、子供が自主的に読むパターンです。
前者は、親子のコミュニケーションを育めます。英語が苦手なママ・パパでも、CD付きの絵本を選べば子供と一緒に聞きながらリアクションをしてあげるだけで、子供が英語に興味をもつように促すことができます。子供と一緒に学ぶつもりで、わかりやすく親子で楽しめる絵本を選びましょう。
子供が自主的に絵本を読むようになったら、タッチペン付きのおもちゃのような絵本も使ってみてください。イラストをタッチすると、そのイラストに合わせた英語を音声で確認できるタッチペンは、子供にとって操作性が楽しく、遊びながら英語学習できます。家事で忙しいママにとって、子供が1人で楽しめる教材は作業を進めるのにも役立ちます。タッチペンの音が聞こえる範囲で作業をしていたら、子供が絵本を使っている様子も聞こえてくるので安心です。

 

オススメは「ディズニーの英語システム」(DWE)

幼児向け英語教材のオススメは「ディズニーの英語システム」(DWE)です。ディスニー・キャラクターが登場する絵本やDVDはもちろん、単語の意味と文を一緒に覚えられるトークアロング・カードなど、多様な教材が利用できます。
こうした幼児と一緒に扱う絵本やおもちゃでは、子供が破いてしまった、壊してしまったというトラブルも起きがちですが、そういった破損や汚損などにも、会員特別保証制度でカバーされるのがDWEの魅力です。この保証制度では、自然故障はもちろん、使っている時に生じた不具合に対しても、無料で修理または交換してくれます。そのため、子供がおもいっきり楽しんで使っても心配は不要です。
また、DWEのユーザーは学習の進め方の疑問点や不安な点を専用のフリーコールで相談できるので、初めて英語教材を使うママやパパも安心です。

DWEには、Webから請求できる無料サンプルや担当アドバイザーに質問しながら実際に触って遊ぶことのできる体験サービスがあるので、教材を購入する前に子供の反応を確認できます。どの英語教材にするか悩んでいる方は、ぜひ検討してみてください。
子供英語の無料体験


英語を使った家族のコミュニケーション

幼児の英語学習は親子のコミュニケーションのきっかけとしても利用できます。親が英語教材で子供と一緒に遊んだり、英語学習の内容について子供にたずねたりすることで、子供が英語を「楽しい」と思う気持ちを育てることができるのでます。
さらに、年齢や好みに合わせて、音楽を聞かせる、絵本を読み聞かせる、ダンスで楽しむ、友だちと交流するといった様々な方法でたくさん英語に触れさせることができます。
ぜひ、英語を家族や友だちと一緒に楽しむための工夫を色々試しながら、英語と触れ合える環境を作ってあげてください。

  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)