0歳

公開日:2018年02月14日

英会話を習得できる子供と、なかなか上達しない子供の違いはどこにあるの?

英会話を習得できる子供と、なかなか上達しない子供の違いはどこにあるの
英会話がどんどん上達する子供と、なかなか上達しない子供の差は、いったいどこから生まれるのでしょうか。今回は、子供が英会話を習得するために重要なカギとなる5つのことをまとめました!

レッスンをスタートするタイミング

レッスンをスタートするタイミング
転勤などの事情によりアメリカに移り住んだ日本人の家族で、親の英語がなかなか上達しないのに、子供の方が先に英語を話せるようになるというような話はよくあります。

実は、小さい子供の方が大人よりも言語を早く習得しやすいのには理由があるのです。

3歳くらいまでの乳幼児の脳には、あらゆる言語に対応できるニューロン(神経細胞)やシナプス(神経細胞の接合部分)が存在し、その時期に触れた言語に合わせて脳の回路が整理されていきます。このように脳が発達途上の時期に日本語と英語の両方の音に触れておくと、脳の中に日本語の回路と英語の回路の両方が発達し、それぞれの言語を吸収する土台をつくることができます。

つまり、早いうちから子供に英語を触れさせるほど、英語を理解できる脳の回路が発達する可能性が高まるのです。
乳幼児期に英語の音をたっぷり聞いておくことは、子供が成長したときの英会話習得を早めるファクターになります。

「楽しい」英語環境かがキーポイント!

「楽しい」英語環境かがキーポイント
英語を子供が身につけるためのキーポイントとなるのが「楽しい」という気持ちです。
乳幼児期の子供に、辛くて大変な勉強に耐えることを求めるのは無理があります。
乳幼児期に効果的な英語学習を行うには、子供のモチベーションを引き出し、英語は楽しいものだという実感を得られるようにすることが重要です。

子供が英語の楽しさを実感すると、探求心や知的好奇心が刺激されます。「もっと楽しんでみたい」という思いが発端となって「もっとよく知りたい」という思いにつながり、自ら進んで英語に関する体験を積み重ねていきます。そして、自発的な学習によりますます英語の楽しさを実感し、好循環が生まれるのです。

この好循環に子供を乗せるために、いかに子供を楽しませるかを考えながら日々の学習に取り組んでいくことが大切です。
親子で一緒に体を動かして遊んだり、歌を歌ったりしながら英語を楽しむのもよい方法です。また、子供が好きな遊び・おもちゃ・キャラクターなどを観察し、好きなものと英語を結び付けてレッスンを行うと、楽しく英語学習を積み重ねていくことができますよ。

子供が自らやりたくて英会話に取り組んでいる

自らが進んで英会話学習に取り組むことも子供の英会話が上達する重要なポイントです。
大人であっても、やりたくないことに対してモチベーションを上げて取り組むことは難しいです。それが子供であればなおさら難しいでしょう。
また、英会話だけでなく、一般的に学習においては何事も意欲的に取り組まなければ上達は遅くなるだけです。つまり、無理やり英語を勉強させたり、英会話レッスンに通わせたりしても英語に対する苦手意識が強くなるばかりで英会話は一向に上達しないでしょう。
はじめは簡単な英会話をできるようにして自信をつけ、「もっと知りたい!」と子供自身に思ってもらうことが上達の近道です。

英会話の相手が必要

英会話を始めたばかりの頃は、英語を話す機会を増やしてあげることが必要になります。
英会話は「英語」でする「会話」なので、1人で喋るより誰かと話す方が子供自身も楽しめるはずです。
その時の相手は親や同年代のお友達でもよいので、一緒に英会話をしましょう。英会話の場を用意することで子供は英語の必要性を感じます。また、実際に話す経験を通して上達していきます。決してその相手の英語力が完璧である必要はありません。相手の英語が間違っているとしても子供に英語を話す機会を与えてあげることが大切です。

褒めることの大切さ

褒めることの大切さ
小さな子供は「ママ、見て見て!」という風に、親に向かってよく呼びかけます。そのとき親がパッと振り返って子供のしていることに注意を傾け、「わあ、どうしたの?」「すごいね!」と反応を返すと、子供はとてもうれしそうな顔をします。

乳幼児期の子供は親から認められることで自己肯定感や自信を深めていくため、上記のようなコミュニケーションは子供にとって大切です。

親から肯定的な反応や関心が得た体験があるか、すなわち親から褒められた体験があるかどうかは学習意欲にも影響を与えます。親にしっかりと褒められて自信を育んだ子供は、学習にも積極的に取り組むことができます。
ぜひ日頃から子供のしていることに目を向け、親子でコミュニケーションを取りながら子供のことをたくさん褒めてあげましょう。

小さな子供はママから褒められることが大好きです。英語学習では子供が間違っても否定せず、子供が学習を楽しめるような声かけを意識しましょう。

例えば、英語の発音が違っていたとき、正しい発音を教えるのではなく、「大きな声で言えたね」「真似して言ってみたんだね、すごいね!」とまずたっぷり褒めてみてください。そして、「もう1回英語を聞いてみようか」と言ってネイティブの音声を再生し、正しい発音を子供に聞かせるといった方法をとるとよいでしょう。

子供が英語に触れているときは、少し大げさと思えるくらいしっかり褒めてあげると、子供のモチベーションを高めながら学習に取り組むことができます。英語はすぐに身につくものではなく、時間がかかるものです。学習の積み重ねが必要であり、こうした子供のモチベーションを高める工夫もとても重要です。
なお、子供の学習の進み具合を把握しやすい自宅学習用の英語教材を使うと、親が適切なタイミングで褒めやすいのでオススメです。家庭で子供の興味が乗ったタイミングを見計らって取り組めるため、子供のやる気を引き出しやすいのも大きなメリットです。

子供英語の無料体験
子供英語の無料体験

例えば、「ディズニーの英語システム」(DWE)では、子供が好きなおもちゃや、ディズニー・キャラクターがいっぱいの絵本、DVD、CDなどを使って、家庭で楽しく英語に触れられるように作られています。
無料サンプル無料サンプルのDVD・CD・絵本で教材の内容がチェックできますので、ぜひ一度試してみてくださいね!

子供と一緒に英語を楽しみませんか?
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)