1歳

公開日:2017年01月16日

子供の英語力アップ!「楽しい」を引き出す体験的な学習方法とは

子供の英語力アップ!「楽しい」を引き出す体験的な学習方法とは

英語力は学習を根気よく続けていくことで身につくため、子供自身が楽しく学べる工夫も必要ですが、体験的な学習を心がけることでこの問題も解決できますよ。詳しくみていきましょう!

言語習得のコツは体験的に学ぶこと

体験的な学習で言語習得が進む!

子供は1歳くらいから単語を話し始め、2歳で「ママ、あそぼ。」など複数の単語を並べて話すようになります。

子供の言葉が発達する時期に合わせてできるだけ早いうちから英語学習をスタートさせ、体験的に英語に触れながら英語力をしっかり育てていきましょう。

英語を体験的に学ぶ方法とは?

体験的に英語を学ぶ方法とは?

子供にオススメなのは「見て」「聞いて」英語力をアップ

小さな子供の英語学習で大切なのは、英語を耳で聞く機会を増やすことです。ネイティブの人と交流し、英語のイベントに参加したり、子供向けのCDを聞いたりするのもいいでしょう。また、耳で聞くだけでなく、イラストなどを用いると、視覚を刺激してより興味を示します。家庭の中に英語学習をうまく取り入れ、ママと一緒に体験する機会を日常的に増やすと、より効果が高まります。そこで、家庭内で英語を楽しく取り入れる学習方法をご紹介します。

子供の体験学習にオススメのツール3選

1、CDで歌を聞いて英語を体験する
英語のCDをママと一緒に聞くことは、子供とコミュニケーションを取るために最適です。例えば、子供に「Let’ sing!」と英語で声をかけたり、リズムに合わせて体を動かすと、楽しみながら英語を耳にできます。

2、絵本を見て英語を体験する
英語の絵本も、日本と同じように対象年齢に応じた絵本があります。初めて絵本を見せるときには、色彩が明るく、イラストがかわいらしいものを選ぶといいでしょう。オススメなのは、『Baby Happy Baby Sad』という絵本です。単語も少なく、ママがイラストを指しながら「Baby Happy!」「Baby Sad…」と感情をこめて読んであげると、子供と一緒に楽しみながら絵本の読み聞かせができます。

3、DVDの映像で英語を体験する
子供はアニメが大好きです。動くキャラクターを見ながら、英語で話す会話の雰囲気を感じ取ることができます。継続的に英語のアニメーションを見せてあげると、英会話の雰囲気や、簡単な単語などがインプットされやすくなります。

体験的な学習は「楽しい!」という気持ちを引き出す

体験的な学習は「楽しい!」という気持ちを引き出す

体験的な学習は子供の「楽しい!」という気持ちを引き出します。
毎日こつこつと英語に触れる時間を積み重ね、楽しく英語を身につけていきましょう。

子供と一緒に英語を楽しみませんか?詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)