1歳

2016/04/18

幼児期に英語学習を始めると、語学力以外にもさまざまなメリットが!

 

そろそろ何かはじめないと

英語を習い始めるのは早ければ早いほどいい、とよく言われますよね。実は幼児のころからの英語学習には、語学力を伸ばすこと以外に、さまざまなメリットがあります。幼児期に英語を勉強すると、一体どんな効果があるのか、みていきましょう。

  

英語ならではの考え方ができるようになる

 

日本語にことわざや慣用句など、他国にはない独特の表現があるように、英語にも、英語ならではの表現があります。

幼児のうちから英語に触れることで、英語特有の言い回しや表現方法の意味を、自然に理解することができるようになります。英語学習を通じて、言葉のセンスが高まり、日本にはあまりない感覚や考え方を習得することもできるのです。

ある程度大きくなると、日本語と英語の違いに引っかかって、うまく飲み込めないことがありますが、幼児期なら、頭も柔らかく、固定観念にも縛られていません。英語独特の言い回しや表現方法も、素直に吸収することができるでしょう。

 

視野が広がる

 

子供に限ったことではありませんが、人間は自分の目の届く範囲で「世の中」を認識します。子供のころから違う言語を話す国があることを知っていたり、表情やボディーランゲージが違う人々がいるということを理解していると、見える世界が断然広がります。

 幼児の頃から英語の学習を始めると、外国の挨拶や生活習慣などを目にする機会も増えます。英語のDVDや絵本を見て、外国独自の文化にたくさん触れさせてあげましょう。こうした幼児期の経験が下地となり、視野の広い大人へと成長することができます。

  

自分の得意なことがあると、ほかのことにも自信がつく

 

英語を幼い頃から学ぶと、ほかの子よりも英語が得意になり、強い自信を持てるようになります。子供にとって自信は、自己肯定感の元であり、物事に積極的に関わる原動力となります。

普段は恥ずかしがり屋であまり喋らない子でも、英語に自信があれば、それを生かして活躍することができます。例えば、英語が苦手なママに代わって外国人に道案内をしたり、大人でも聞き取れない英語を見事に通訳したりすることがあります。驚かれるかもしれませんが、幼少期から英語を勉強していると、小学校にあがったころには、こうした英語力を身に付けることができるようになっています。

大きくなってからも「英語なら誰にも負けない」という自信があると、ほかに苦手なことがあっても、きっと乗り越えることができるはずです。世の中を生きる術として、英語は一生役に立ちます。

 

将来、選択できる職業が増える

大きくなるにつれ、将来の夢があれこれ変わるのはよくあることです。もしも英語ができれば、夢の幅も広がりますし、大人になって真剣に就職を考えたとき、多岐にわたる選択肢を持つことができます。

グローバル化が進む現代は、英語の専門職でなくとも、当たり前のように、英語が話せるかどうかが問われます。

社会の厳しさは、誰もが痛感するところでしょう。英語を自分の味方にすることができれば、それだけ、理想の生き方を追求できるということです。英語を学ぶことはひとつも損ではなく、メリットの方が多いと言えます。

 

まとめ

小学校から義務教育で英語を習うようになったことを鑑みても、近年英語が重視されつつあるのは一目瞭然です。

中でも、幼児期からの英語学習は、英語能力そのものに加えて、英語ならではの思考力、自信、異文化理解、グローバルな人間力と、さまざまなメリットがあります。

 

幼児期から英語学習をスタートさせて、子供の将来の可能性を広げてあげましょう!

 

幼児期からの英語教育で、子供の可能性を広げましょう!
詳しくは コチラをご覧ください。

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)