1歳

2016/05/20

子供に音楽を聞かせるとどんなメリットがあるの?

 子供は音楽が大好きです。幼い子供に音楽を聞かせると様々な反応を示してくれます。音楽は子供の成長にとって、どのようなメリットがあるのでしょうか。子供に音楽を聞かせる時期や方法、効果についてご紹介します。

 

子供の反応

 

 小さな赤ちゃんでも音楽が聞こえると、手を動かしたり、足をバタバタ動かしたりと、音楽を楽しんでいる様子を全身を使って伝えてくれます。好きな音楽を流すと笑顔を見せるなど、嬉しそうな反応を示す子もいますね。

 1歳くらいになると、音楽に合わせて鈴やタンバリンを振ったり、手を叩いたりすることもできるようになります。中には、ジャンプしたり走ったりして、音楽の楽しさを元気いっぱい表現する子も。

おしゃべりができるようになると、歌詞を覚えて、メロディに合わせて歌う姿も見られるようになります。どんな音楽が好きか、子供の反応を見ながら、いろいろな音楽を聞かせてあげましょう。

 

幼いときほど音楽を聞かせよう

 音楽は子供の情緒を豊かに育てます。「楽しい」「うれしい」気持ちを引き出すことで、積極性や、自主性も伸ばすことができます。

 特に赤ちゃんの頃は、感覚神経の発達がめざましいと言われています。耳から入る音楽が聴覚を刺激し、音を聞き分ける能力を伸ばしてくれます。

 音楽を聞くことは、音感を鍛えることはもちろん、言葉の学習にもなります。赤ちゃんの頃によく聞いた発音は、自然と発音できるようになるのだとか。そういわれてみると、自分が幼いときに最初、どうやって発音したかなんて覚えてないですよね。心地よい音楽に耳を傾けながら、自然に言葉を学習することができるわけですから、音楽の教育的効果は非常に大きなものと言えそうです。

 

音楽から様々なことを学ぶ

 

 音楽は数字や季節、あいさつ、イベントなど様々なことを覚えるのにも便利です。特にひな祭り、たなばた、クリスマスなどのイベントの歌は小さい子供にも分かりやすい内容でメロディも覚えやすいという特徴があります。親子で歌うと気分が盛り上がり、季節感も身につくので、定番の歌から一緒に楽しみましょう。

 

英語の学習にも使える

 

 前述したように、幼いころは耳から入る音を聞いて、自然に発音を身に付けます。これを英語などの外国語の教育にも活かしてみましょう。音楽に合わせてリズム良く覚えることで、普段聞きなれない英語も、すっと耳になじみやすくなりますよ。

 英語の単語やフレーズを音楽に合わせて聞くと、最初は単語と単語がくっついて聞こえたり、早いスピードで歌われている部分が理解できなかったりすることがあります。しかし何度も聞くことによって、また大きくなるにつれて少しずつ歌詞の音と単語が結びつくようになってきます。音楽なら繰り返し、何度聞いても楽しいものです。英語の歌をCDを聞きながら歌えば、英語のフレーズも自然に身に付けられそうですね。

 

ワールドファミリーには、子供と楽しく英語を学べる教材がいっぱい!
ディズニーの英語システムがママに人気な理由とは?
詳しくは コチラをご覧ください。

関連記事