0歳

2016/09/23

右脳パワーで英語がどんどん覚えられる!英語学習は幼児期からがオススメ!

子供にとって英語教育を受けるのは早ければ早いほどよいと言われています。その理由とは一体なんでしょう。幼児期の英語学習をオススメする理由とメリットについてまとめてみました!

 

幼児期は右脳を使って英語を学ぶ?!

幼児期の英語学習をオススメする理由として挙げられるのが、子供の脳の発達です。子供の脳は6歳までに大人の脳の約90%、12歳までにほぼ100%に成長すると言われています。特に、幼児期は左脳よりも右脳が活発に動いており、この頃に英語を学習すると右脳を使って英語を感覚的に吸収することができるそうです。

実は右脳は「カメラ脳」とも呼ばれています。目や耳で見聞きした英語をまるで写真を撮るようにパッと瞬間的に記憶することができ、英語をどんどんインプットすることができるのです。その後、言葉を操る左脳に移しかえることで、英語を話したり理解したりできるようになるそうです。

このように幼児期の英語学習では、右脳を使った特徴的なインプット方法により、見聞きした英語をそのまま覚えることができます。日本語をふまえて英語をインプットしないので、先入観のないまま英語を丸ごと覚えられ、ネイティブの発音を聞き分けられるようになったりきれいな発音で話せるようにもなります。

また、英語を日本語に変換して覚える癖がつかないので、流れるような英語を話せるようになります。英語を話す力・聞く力を高めることができ、実用的な英語力を身に付けることができます。

 

英語の授業でリードできる

中学校・高校で学ぶ英単語は数千語にもなるそうです。さらに2018年からは小学校で英語必修化も予定されており、学校での英語の学習量はこれからどんどん増えると予想されます。

英語は復習がとても大切です。覚えた英単語や英語のフレーズを忘れないようにするには、何度も繰り返し学んで学習内容を定着させることが必要です。次第に英語の学習量が増えてくれば、英語を復習する時間も削られていくことでしょう。しかし、幼児期から英語を学んでいると、すでにたくさんの英単語や英語のフレーズを身に付けて学校の授業にのぞむことができます。英語の学習量が増えても、余裕を持って勉強に取り組むことができそうですね。

 

子供の将来のために幼児期からの英語学習を

いかがでしたか?右脳を効果的に使った幼児期の英語学習は「英語を感覚的に理解できる」「英単語や英語のフレーズをたくさん覚えられる」「英語を話す力・聞く力をしっかりのばせる」「将来、英語の授業でリードできる」など、たくさんのメリットがあることが分かりましたね。子供の将来のためにも英語学習は早めのスタートがオススメです!

 

ワールドファミリーなら、幼児期からの英語教育をサポートする教材がいっぱい!
ディズニーの英語システムが選ばれる理由とは?
詳しくは コチラをご覧ください。

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)