0歳

公開日:2017年11月16日

子供の英語学習で日本語の意味を教えることは本当に必要?

子供の英語学習で日本語の意味を教えることは本当に必要?

英語学習の方法というと、日本語で英語の意味を確認しながら理解を深めていくという勉強の仕方が一般的ではないでしょうか。しかし、子供の英語学習ではこうした方法以外にも効果的に英語を学ぶ勉強法があります。それは一体どんな方法なのでしょうか?詳しくみていきましょう!

脳の発達ピークの乳幼児期は英語学習のチャンス!

脳の発達ピークの乳幼児期は英語学習のチャンス!

大人になってから英語を学習するとき、和英辞書を使って英単語の意味を調べたり、英語の文法や英語のフレーズの使い方などを日本語の解説を通して学んだりするのが一般的です。
しかし、日本語を習得する前の乳幼児期の子供は、大人とは違い、日本語を介さずに英語を身につけることができます。

そもそも乳幼児期の子供は言語の発達段階にあり、言葉を覚えるための特別な教育を受けなくても、自然に母国語を習得することができます。こうした言語習得期の子供の特徴に合わせて英語を学習すると、母国語を覚えるように英語を吸収することができます。
脳の成長のピークは、生まれてから3歳くらいまでの時期です。この期間に英語をたっぷり触れておくと、頭の中で日本語に翻訳する段階を挟まず、ネイティブと同じスピードで英語を上手に操れる可能性が広がりますよ!

英語学習は体験的に吸収していくスタイルがオススメ!

英語学習は体験的に吸収していくスタイルがオススメ!

乳幼児期の子供は周囲の人や物などとの触れ合いを通して、少しずつ言葉を吸収していきます。周囲の人が話す言葉に反応してコミュニケーションを取ったり、身近な物を通してさまざまな経験を積み重ねながら、言葉の意味を体験的に理解していくのです。

子供の英語学習を行うときも、実際の体験を交えて英語に触れ、その意味を理解していく方法がオススメです。

例えば、appleの意味を子供に教えようとするとき、「リンゴは英語でappleと言うんだよ」と日本語で意味を教えるのではなく、実際のリンゴを子供に見せながらappleという英語を聞かせます。このように実際の体験を交えて英語に触れることを意識しながら子供の英語学習を行うと、日本語を介さなくても英語の意味を自然に理解しながら英語のインプットを進めていくことができます。

なお、実際に体験することが難しい場合は、写真や絵などで擬似的に体験しながら英語を学ぶのもよい方法です。

子供が体験的に英語を学べる英語教材を選ぼう!

子供が体験的に英語を学べる英語教材を選ぼう!

日本語を使わないで子供の英語学習を行っていくには、日本語の解説がないオールイングリッシュの英語教材を使うとよいでしょう。

ディズニーの英語システム」(DWE)は、オールイングリッシュの自宅学習英語教材で、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃から英語を学習することができます。

DVDや絵本を見て、ネイティブの英語を聞きながらキャラクターの動きを目で追い英語をインプットしていくため、日本語による説明がなくても英語の意味をしっかり理解することができます。また、DVDには、歌やダンス、ゲームなど、子供が体を動かしながら楽しめる参加型のプログラムもあり、子供の実体験を通して英語のフレーズや英単語を覚えることができますよ。


子供英語の無料体験

DWEでは、教材を自宅で試すことができる無料サービス「わくわく英語体験」を実施しています。体験的な英語学習とはどんなものなのか、また、オールイングリッシュの英語教材に子供がどんな反応を示すのかなど、実際に知るよい機会にもなります。ご興味がある方はぜひお気軽に試してみてくださいね!

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)