0歳

2017/10/30

乳幼児期の子供にピッタリな英語教育の方法とは!?

乳幼児期の子供にピッタリな英語教育の方法とは!?

子供に英語教育を行うとき、どんな方法がベストなのでしょうか。英語教育にはさまざまな方法があります。それぞれの特徴を比較しながら、乳幼児期の子供に最適な英語教育の方法について探ってみましょう。

 

主な英語教育の方法3つ

主な英語教育の方法3つ

一口に英語教育といっても、その方法はさまざまです。主な英語教育の方法を3つご紹介しましょう。

〇英語教室
英語教室では、先生1人に対し複数の生徒が一緒に習うグループレッスンの形で行われることがほとんどです。対面式であるため、直接先生や周囲のお友だちと一緒にコミュニケーションをとりながら英語に触れられるメリットがあります。

〇インターナショナルスクール(幼稚部)
インターナショナルスクールの幼稚部は、外国人を対象とした幼稚園に準ずる教育機関です。日本の子供も入学が可能であり、インターナショナルスクールの校内では英語のみを使って過ごします。英語に触れる時間が長いため、英語が身に付くのが早いと言われています。

〇自宅英語学習
自宅学習用の英語教材を使った英語学習です。通学の必要がなく、好きなタイミングで英語学習を行うことができます。先生に直接英語を教わらないときれいな英語の発音が身に付かないと考えがちですが、ネイティブの発音で録音したCDやDVDを使うことで、英語ならではの発音をしっかり身に付けることも可能です。

 

乳幼児期の子供に自宅英語学習がオススメの理由

乳幼児期の子供に自宅英語学習がオススメの理由

上記で3つの英語教育の方法についてご紹介しましたが、乳幼児期の子供には自宅英語学習の方法がオススメです。

英語力を身に付けるには、聴覚が発達する乳幼児期の頃から英語をたくさん聞かせることが大切です。言葉を話す前の乳幼児の子供は、耳から入る言語をインプットし、舌や口を動かして発音を真似することを繰り返し、少しずつ言語を習得していきます。こうした乳幼児期の特徴に合わせて英語教育を行う場合、英語に触れる時間や量の確保がポイントとなります。

その観点で上記に挙げた学習法を見てみると、週に1回程度の英語教室の場合、子供が英語に触れられる時間が限られていることがネックです。

インターナショナルスクールの幼稚部では、英語教室よりも英語に触れたり、アウトプットする時間は確保できますが、周りに高い英語力の児童も多いため、ついていくためにはあらかじめある程度の知識をインプットしておく必要があります。そもそも、入学に一定の英語力が必要などの条件が定められているインターナショナルスクールも多いです。

このように、英語教室にせよ、インターナショナルスクールの幼稚部にせよ、結局は自宅で英語学習する時間を相当量確保しないと、英語力を伸ばすことが難しいと考えられます。

 

乳幼児の自宅英語学習のポイントは「楽しく英語に触れる」!

乳幼児の自宅英語学習を行うときは、英語の歌のCDや英語のアニメなどのDVDを使うと、子供が楽しみながら英語に触れることができます。

また、普段の英語学習に加えて、ときどき英語のゲームやイベントを取り入れると、よい刺激になるでしょう。こうした英語を使ったアクティビティは、普段の英語学習のアウトプットの場になり、英語学習の意欲を高めることにも繋がります。

乳幼児向けの自宅英語学習教材の「ディズニーの英語システム」(DWE)は、赤ちゃんが心地よく耳を傾けられる英語の歌のCDや、ワクワクする英語のアニメーションDVD、英語の絵本の読み聞かせなどを通じて英語学習を行います。

子供英語の無料体験

さらに、ネイティブの先生との会話が楽しめる「テレフォン・イングリッシュ」や、歌やダンスのショーなどのイベントも行っており、英語のインプットだけでなく、アウトプットの機会もたくさんあります。子供が夢中になって楽しめるDWEの教材を、気軽にお試しいただける無料サンプルもありますので、ぜひご利用ください!

 

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)