0歳

2017/03/17

子供英語学習に便利なフラッシュカード!使い方とメリットをご紹介!

子供の英語学習でよく使われるのがフラッシュカードです。フラッシュカードを使うとどんな学習効果が得られるのでしょうか?フラッシュカードの使い方やメリットを詳しく解説します!

 

フラッシュカードとはどんなもの?

 フラッシュカードには、アルファベットや英単語、絵などが描かれています。使い方は、アルファベットの発音や英単語を聞かせながらフラッシュカードをすばやくめくります。次々に新しいカードを見せていくことで脳が刺激を受け、瞬間的な記憶力の働きによってアルファベットの発音や英単語をインプットすることができます。

ヒトの脳には右脳と左脳があり、右脳は芸術的な感性や直感、瞬間的な記憶の力などを、左脳は論理的思考力や計算力をつかさどるといいます。乳幼児期は視覚や聴覚などの感覚神経が発達するときで、こうした五感の発達には右脳の成長が密接に関係しています。右脳が活発に動く乳幼児期は、瞬間的に見た映像を写真のように記憶することが得意であり、フラッシュカードを見ながら感覚的に英語をインプットすることができるのです。

 

子供の英語学習でフラッシュカードを使うメリット

 

小さな子供は同じ姿勢でじっとしているのが苦手です。長い時間ひとつの物事に取り組んでいると飽きてしまい、ほかに注意が移ってしまうことも。しかし、フラッシュカードは短時間でカードを見ながら英語をインプットする学習方法なので、小さな子供でも集中力を切らすことなく取り組めます。カード1枚につき0.5~1秒程度の速さで次々にカードをめくっていくため、視覚的な変化が刺激となって小さな子供の注意を引きやすいのもよいところです。50~100枚のフラッシュカードもわずか1~2分で見せることができるので、飽きずに最後まで取り組めますよ。

英語は日本語より多くの母音や子音を使います。日本語にはない英語の発音を身に付けるには、英語を聞き取る聴覚や脳に英語の言語回路が作られている必要があります。この言語回路は乳幼児期にたくさん英語に触れることで発達します。フラッシュカードを使って赤ちゃんの頃から英語に触れると、英語の言語回路が発達し、ネイティブのような英語の発音を身に付けられる可能性も広がります。

また、フラッシュカードを繰り返し使うことで右脳が刺激を受け、瞬間的記憶力や言葉を聞き取る感覚神経も相乗効果でのびていくことが期待できます。右脳の働きが活発な乳幼児期の子供にとって、フラッシュカードはまさにぴったりな英語学習方法です。ぜひご自宅でも活用してみてくださいね!

子供と一緒に英語を楽しみませんか?詳しくは コチラをご覧ください。

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)