0歳

2017/08/21

赤ちゃんのお昼寝、回数や時間は?お昼寝に誘う工夫もご紹介!

赤ちゃんのお昼寝、回数や時間は?お昼寝に誘う工夫もご紹介!

赤ちゃんが1日を元気よく過ごすために、お昼寝はとっても重要です。赤ちゃんにお昼寝が必要な理由やお昼寝の回数、お昼寝の注意点、昼寝に誘うための工夫などについて、詳しく説明します!

 

なぜ必要?赤ちゃんのお昼寝

なぜ必要?赤ちゃんのお昼寝

生まれたばかりの赤ちゃんは眠ったり起きたりを繰り返して成長します。そして、だんだん昼夜のリズムができて、早い場合だと生後2~3ヶ月くらいで夜から朝までぐっすり眠ることができるようになります。

夜にまとめて睡眠をとることができるようになってからも、赤ちゃんは日中、何度かお昼寝をします。体の小さな赤ちゃんは大人ほど体力がありません。お家の中で遊んだり、外にお出かけをしたりして活動しているうちに、体に疲れがたまります。

「理由もなく赤ちゃんがぐする」「機嫌が悪い」などというときは、もしかすると赤ちゃんが疲れているせいなのかもしれません。お昼寝で1日のうち何度か休憩タイムをはさむようにすれば、こうした疲れを解消することができて、赤ちゃんが1日を元気よく過ごすことができますよ。

 

赤ちゃんの昼寝の回数は?

赤ちゃんのお昼寝の回数は、子供によって個人差があります。午前と午後に1回ずつ、計2回お昼寝する赤ちゃんや、午前に1回、午後に2回お昼寝する赤ちゃんもいます。また、1回のお昼寝の時間は30分程度の場合もあれば、2~3時間眠る場合もあり、さまざまです。

最初からお昼寝の回数や時間を決めて寝かしつけるのではなく、赤ちゃんの様子を見ながら調節していくとよいでしょう。

 

お昼寝のときの注意点

お昼寝のときの注意点

赤ちゃんは体温調節が苦手です。お昼寝のときは、寝具が暑すぎないかときどき様子をみてあげましょう。また、夏場は体が冷えすぎてしまわないように、クーラーや扇風機の風が赤ちゃんの体に直接当たらない場所で寝かせるようにしましょう。

眠っているとき、赤ちゃんはたくさん汗をかきます。脱水症状を防ぐためにも、お昼寝の後は水分補給をすることも大事です。赤ちゃんが起きたら、湯冷ましか麦茶を飲ませてあげましょう。

 

赤ちゃんをお昼寝に誘う工夫

赤ちゃんをお昼寝に誘う工夫

お昼寝のときは、部屋のカーテンを閉めて部屋の中を暗くすると、赤ちゃんの寝つきがよくなります。赤ちゃんが寝つくまでママが添い寝をして、やさしく背中をとんとん叩いてあげると、心地よく眠りにつくことができます。

お昼寝のリズムができると、毎日決まった時間に赤ちゃんが眠くなり、お昼寝に誘いやすくなります。「お昼寝の時間だよ」と声をかけたり、お昼寝用に歌のCDを用意して聞かせたりすると、習慣づけがしやくなりますよ。

お昼寝用の歌のCDには、子守歌や童謡、英語の歌などがオススメです。英語の歌のCDなら、赤ちゃんの英語学習にもなります。毎日のお昼寝の時間に英語の歌を聞かせ続ければ英語のインプットを着実に増やすことができるので、お昼寝の時間をぜひ活用してみてください。

ディズニーの英語システム(DWE)」の無料サンプルには、赤ちゃんのお昼寝で使える英語の歌が入ったCDがついていますので、ぜひ利用してみてくださいね!

 

子供と一緒に英語を楽しみませんか?
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)