マタニティ

公開日:2016年11月10日

マタニティマークを上手に使って快適なマタニティライフを過ごそう!

マタニティマークを上手に使って快適なマタニティライフを過ごそう!

妊娠するともらえるマタニティマークは、妊娠中の安全性と快適さを守るために作られたものです。マタニティマークを上手に利用することは、妊娠中の生活の助けにもなります。マタニティマークの誕生のきっかけや、上手な使い方についてまとめてみました!

マタニティマーク誕生のきっかけは?

マタニティマーク誕生のきっかけは?

マタニティマークが誕生したのは2006年のこと。きっかけは「国民運動計画『健やか親子21』推進検討会」で、女性の妊娠・出産をとりまく社会の環境整備が議論され、マタニティマークが考案されました。

妊娠中、特におなかのふくらみがまだ目立たない初期の頃は、見た目だけでは妊婦さんと気づきにくいものです。そのため、電車やバスの席を譲ってもらえなかったり、思うように体を動かせないことを周囲の人に理解してもらえず、妊娠中につらい思いをするケースがあります。

しかし、マタニティマークがあれば妊娠中であることが一目で分かり、周囲の人の理解や協力を得やすくなります。また、災害や事故にあったときでも妊娠中であることが伝わり、適切な処置を受けることができます。マタニティマークの普及により、これまで以上に妊婦さんが安心して暮らせる社会へ近づいたと言えるのではないでしょうか。

マタニティマークはどこでもらえる?

マタニティマークはどこでもらえる?

マタニティマークを導入している自治体では、母子手帳と一緒にマタニティマークも配布しているところが多いようです。母子手帳を申請したときにマタニティマークも無料でもらうことができるので、妊娠が分かるとすぐにマタニティマークを手に入れることができますよ。

また、関東や関西などの鉄道各社でも無料でマタニティマークを配布しています。配布を希望する場合は、直接、駅の事務室に尋ねてみてください。ただし、地域によっては配布を行っていない駅もあるので事前に確認してから行くとよいでしょう。

マタニティマークの使い方

マタニティマークの使い方

マタニティマークは、キーホルダーやストラップ、ステッカーなどの形で作られています。自治体や駅などで配布されているものは、ボールチェーンで留められるキーホルダータイプのものがほとんどで、バッグなどにつけて利用する人が多いようです。バッグの持ち手にマタニティマークをつけて肩掛けにすると自然に人の目に入り、妊娠中であることを気づいてもらいやすくなりますよ。

マタニティマークの使い方は、人によってさまざまです。普段使うバッグにマタニティマークをつけ毎日持つようにしているという人もいれば、体調が優れないときや満員電車で体を押される心配のあるときだけ使うという人もいます。マタニティマークのおかげで電車やバスの席を譲ってもらえたり、重い荷物を運ぶのを手伝ってもらえたりすることもあり、周囲の人のやさしさに触れることができたという話も耳にします。マタニティマークを上手に使って、快適なマタニティライフが過ごせるとよいですね!

赤ちゃんと一緒に英語を楽しんでいるユーザーがいっぱい!
詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)