特集/ニュース

2016/11/16

子育て中の家事を上手にこなすには動線と段取りが大切!

子育て中の家事を上手にこなすには動線と段取りが大切!

家事は毎日行うものですから、どうすれば効率よくこなせるのかを積極的に考えてみましょう。家事を行う時間を減らすことができれば、日常生活にその分だけ時間的な余裕が生まれます。

家事の効率を上げるには、無駄な動きを省いて手際よく一つひとつの作業を終わらせることです。家事がはかどる動線や段取りのポイントをご紹介します!

 

家具や物の配置はまっすぐ歩けるかで考える

家具や物の配置はまっすぐ歩けるかで考える

動線は物理的だけでなく心理的にも影響します。動線が悪いと移動するのを面倒に感じてしまい、てきぱき家事を行う気分になりにくいのです。

インテリアや収納のために物を床に置く場合がありますが、家事の動線を考えるのなら、できるだけ物を床に置かない方がオススメです。床に物があると、左右に物をよけながら移動しなければなりません。動線が途切れてしまわないように、物の配置は「まっすぐ歩けるか」という視点で考えながら決めるとよいでしょう。

さらに、動きやすい動線を確保するためには、物を増やさないという点も重要です。もったいないという気持ちから、物を捨てることに抵抗を感じることがありますが、不要な物を思い切って処分することは生活のクオリティを上げるために必要なことです。また、新しく物を購入するときもそのときの気分や勢いで判断せず、本当にそれが必要な物なのかどうか、よく考えてから購入するようにしましょう。

 

常に段取りのよさを心がける

data:text/mce-internal,input%5Bcontents%5D,%3Cimg%20src%3D%22/cetimes/images/article/138/138-03.jpg%22%20alt%3D%22%22%20width%3D%22550%22%20height%3D%22367%22%20/%3E

手順や段取りを工夫すると、いつもの家事が格段にスピードアップします。

例えば、洗濯物について考えてみましょう。洗濯物を干して、リビングで畳み、各部屋へしまう。自然な動作で何の問題もないように見えますが、まだまだここにも家事の効率を上げる余地はあります。

オススメは洗濯干しにハンガーを使うことです。もし、洗濯物を干すときにハンガーを使えば、衣類を畳むことなくそのままクローゼットへ収納することができます。そうすれば、洗濯物にかかる手順をひとつ減らすことができますね。少し段取りを工夫するだけで、大幅な時間短縮が実現しますよ。

また、郵便物の取り込みや書類の整理なども、段取りを工夫することで面倒くささや煩雑さを解消することができます。郵便物はいったんリビングのテーブルに置いて後で目を通すというパターンが多いですが、時間を置くと忘れてしまったり、面倒になってしまうものです。郵便物や書類は溜め込んでしまうと整理がどんどんやっかいになる上、お部屋も散らかってしまいます。

オススメは郵便物を玄関で仕分けすることです。不要なものはすぐにゴミ箱に入れて処分し、部屋に持ち込まないようにします。同様に、プリントや書類も受け取ったらすぐ目を通し、不要なものはすぐに捨てます。段取りよく行動する習慣を身に付けて、家事の負担を減らせるといいですね!

 

子供と一緒に英語を楽しみませんか?詳しくは コチラをご覧ください。
  • ご自宅でわくわく英語体験(無料)

関連記事

かわいいディズニー・キャラクターが登場する英語教材「ディズニーの英語システム」から、人気のソングをピックアップしたDWEのサンプルを無料でプレゼント!

無料サンプルプレゼント!

「DWEを実際に試してみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

ご自宅でわくわく英語体験(無料)