スタッフ紹介

  • "お客さまのために"ではなく"お客さまの立場で"という視点で企画する
  • サービス・プランニング部 所属 2009年入社
  • 鈴木 孝政
  • / Takamasa Suzuki

ひとりでも多くの方にご満足いただけるサービスの提供を

当社にはワールド・ファミリー・クラブという、「ディズニーの英語システム」(DWE)をご購入いただいた方限定の会員組織があり、私は会員さま向けの新サービスを企画・運営する部署に所属しています。
DWEをご購入いただいたお客さまは、「この子の将来のために、英語を身につけさせてあげたい」という愛情溢れた方ばかり。そんな想いに寄り添い、どのようなサポート/サービスがあれば、日々の忙しい子育ての中でもお子さまと一緒に楽しく英語を続けていただくことができるのかを考え、具体的な形にしていくのが私の仕事です。
"お客さまのために"という私の視点ではなく、"お客さまの立場で"というお客さま視点に立つことで、ひとりでも多くの方にご満足いただけるサービスを生み出すことができればと思っています。

鈴木01

会員さまからの喜びの声が増えること。それが私のやりがいです

2015年の10月、ワールド・ファミリー・クラブ公式インスタグラムを開設したのですが、そこには「子どもがClap Your Hands!にあわせて手を叩きました!」、「ABCソングが歌えるようになりました!」など、お子さまの成長を喜ぶ声が、写真や動画でたくさん投稿されています。
会員さま同士がインスタグラムを通して、子どもの成長を喜びあったり、励ましあったりしている姿を見ていると、そのような場所を提供できて良かったと思います。
よりご満足いただける新しいサービスを考えるため、チームのみんなと日々検討を重ねています。

鈴木02

英語は日常的に使いますが、ワールド・ファミリー・クラブのお子さまの方が私より流暢ですね

私のいるオフィスには会員さま向けサービスを提供しているネイティブ・スピーカーの先生たちがたくさんいます。
彼らとは英語でコミュニケーションをとっていますし、海外支社と英語メールでやりとりすることもあるので、業務では日常的に英語を使用します。ただ、私の英語は大人になってからの海外留学で身につけたものなので、聞き取りに苦労することもありますし、発音も所謂ジャパニーズ・イングリッシュです。なので、ワールド・ファミリー・クラブのイベントなどでお子さまが流暢な英語を話しているのを見ると、ほんと、羨ましいですね(笑)

鈴木03